HOME / 当講座のご案内 / 手術麻酔

手術麻酔部

手術麻酔について

手術室における全身麻酔、局所麻酔を年間約5000件担当しています。すべての診療科があり、多種多様な手術が行われています。

近年では高齢者や重篤な合併症を有する患者さんの麻酔管理が増加しています。指導医を中心として術前情報を入念にチェックすると共に、毎日の術前カンファレンスを行い、周術期の安全かつ快適な麻酔を目標に運営しています。

また、超音波エコーガイド下末梢神経ブロックを導入することで、今まで困難だった抗凝固療法中の患者さんなどの疼痛管理に用いています。また各種麻酔薬や術前補水食などの臨床研究や調査を行い、新しい薬剤や術前管理の開発に携わっています。このように周術期全身管理医学の重要な役割を担っています。

手術麻酔について

エコーガイド下神経ブロックの様子

~最後のメジャー~ 麻酔科医の育成

大学病院であるが故に、症例は多彩であり、多種多様な疾患に対して円滑な麻酔管理を行っていく能力が求められます。さらに、刻々と変化する患者さんの状態を把握し、適切な治療を行うことで患者さんを手術のストレスから守ることが麻酔科医の役割です。このように幅広い知識と機敏な判断が要求されるので麻酔科は~最後のメジャー~と言えるのではないでしょうか。

~最後のメジャー~麻酔科医の育成を目標に学生、初期臨床研修医、後期臨床研修医に対し、手術室での麻酔業務を通じて気道確保、呼吸・循環管理など充実した教育、研修を提供していきます。

最後のメジャー