HOME / 研究・業績 / 臨床研究

臨床研究

1. 臨床研究とは

臨床研究は、検査法や治療法が病気に対し安全なのかどうか、また、新しく開発された薬剤が有効かどうかを患者さんにご協力いただきながら行う研究を意味します。治療法が進歩するには、このような研究を積み重ね情報を得ることが不可欠で、現在標準治療法とされているものの多くはこれまでの患者さんのご協力に基づいた臨床研究によって出来上がり、成し得たものです。

2. 研究の参加等について

本研究へ試料(血液検査データ)を提供するかしないかは患者さんご自身の自由です。従いまして、本研究に試料を使用してほしくない場合は、遠慮なくお知らせ下さい。その場合は、患者さんの試料は研究対象から除外いたします。また、ご協力いただけない場合でも、患者さんの不利益になることは一切ありません。なお、これらの研究成果は学術論文として発表することになりますが、発表後に参加拒否を表明された場合、すでに発表した論文を取り下げることはいたしません。

3. 使用させていただく試料等について

本院におきまして、既に通常の管理で使用した試料を医学研究へ応用させていただきたいと思います。その際、診療情報(例えば感染の合併があったかなど)との関連性を調べるために、患者さんの診療記録(カルテやレントゲン写真など)を調べさせていただくこともあります。なお患者さんの血液検査データ及び診療記録(カルテ)を使用させていただきますことは本学医学部倫理委員会において外部委員も交えて厳正に審査され承認された後に行います。また、患者さんの検査データおよび診療情報は、国の定めた「臨床研究に関する倫理指針」に従い、匿名化したうえで管理しますので、患者さんのプライバシーは厳密に守られます。当然のことながら、個人情報保護法などの法律を遵守いたします。

4. 同意書について

担当医師がこの臨床研究に関する説明後に、患者さんの参加または不参加の意思を確認いたします。この研究の参加に同意した後でも、理由にかかわらずいつでも辞退可能で、治療で不利益になることは一切ございません。

履歴一覧

経カテーテル大動脈弁留置術の周術期管理の現状に関する後ろ向き調査
スライドシートを用いた体位変換による腹臥位時間の延長とその効果
心臓血管手術患者における急性腎傷害発症に関わる因子の検討
当院集中治療部におけるVV-ECMO(veno-venous membrane oxygenation; 膜型人工肺)施行中の抗凝固療法の検討
心臓大血管手術における術後播種性血管内凝固症(DIC)の発症状況、治療および転帰に関する後方視的検討
高齢者の消化器外科手術における麻酔法と術後合併症の関連についての後方視的検討