HOME / 研修について / 研修後について

研修後について

幅広い医学的知識の取得、臨床経験を積むことが可能です。

臨床研修(初期)終了後、大分大学麻酔科での主な業務は日々の臨床麻酔で研鑽を積むことから始まります。麻酔業務に携わり、ある一定の症例経験をこなすと、まずは国家資格である厚生労働省麻酔科標榜医資格取得が可能となります(書類審査のみ)。

学会活動も積極的に参加し、医師としてのキャリアアップを目指します。日本麻酔科学会麻酔科認定医、麻酔科専門医の取得を目標に、大分県内の関連病院を含めた臨床麻酔経験、臨床指導を行っています。この間、臨床麻酔とともにICUやペインクリニックのローテーションも可能で、幅広い医学的知識の取得、臨床経験を積むことができます。

麻酔科スペシャリストへのキャリアパス