ゲノム
    • 令和2年度
    • 新ニーズに対応する
    • 九州がんプロ養成プラン事業
    • (大分大学)
  • インテンシブコース教育セミナー

開催方法:web開催 オンデマンド方式

*各部は30分、分けて視聴できます

開催期間:令和3年2月1日~3月15日

がんゲノム(遺伝子)医療により がん治療はどう変わるのか?

これまでのがん治療は、手術療法、がん薬物療法、放射線療法と支持療法を用いて行われてきました。がんに対する薬物療法では、従来の殺細胞性の抗がん剤に加えて、分子標的薬や免疫チェックポイント阻害剤が開発され大きく変化してきています。これまでのがんの標準治療は、個人のがんの性質である臓器別のがん種・分化度・進行度に対応して適した薬を投与する治療法(Personalized Medicine)でした。

今後は、個人のゲノム(遺伝子)を分析して適切な薬のみを投与する治療法(Precision Medicine)の時代へと進んでいます。しかし、新しいがん医療として期待されるがんゲノム医療にも多くの課題が見えてきています。

今回の教育セミナーで、「がんゲノム医療と」とはどういう医療かについての基本的な知識や実際の医療の内容、見えてきた課題について学ぶことで、二人に一人ががんになる時代に、がん患者さんとそのご家族のためだけでなく、自分のためにも家族のためにも周りの人のためにも、もしがんになった時に慌てず、適切な医療の選択に臨める力になればと思っています。

講演内容

第一部
がんゲノム医療とはどのような医療か?どのような提供体制が進んでいるのか?
  • 大分大学医学部
  • 呼吸器・乳腺外科学講座
  • 教授 杉尾 賢二
第二部
がんゲノム医療は実際にはどのように行われているのか?
  • 大分大学医学部
  • 腫瘍・血液内科学講座
  • 講師 大津 智
第三部
がんゲノム医療に臨み課題に直面する患者をどのように支援するか?
大分大学医学部附属病院 がん相談支援センター
  • 医療ソーシャルワーカー
  • 認定がん相談専門員
  • 山下 香美
  • 遺伝子診療室
  • 認定遺伝カウンセラー
  • 塚谷 延枝

受講方法

受講は、webでの開催となります。

  • 各部は30分、分けて視聴できます。
  • 開催期間は、令和3年2月1日~3月15日 です。

【学内者の方】

  • 学内周知文書でお知らせしたID&パスワードで『受講する(動画)』ページにお入りください。

【学外者の方】

  • 受講をご希望の方は『受講申し込み』フォームよりお申し込みください。
  • 受講申し込みされた方に、返信メール(視聴方法について:ID・パスワード)をお送りします。
  • お知らせしたID&パスワードで『受講する(動画)』ページにお入りください。