このページのコンテンツには、Adobe Flash Player の最新バージョンが必要です。

Adobe Flash Player を取得

 

2017年3月12日(日)~18日(土)は世界緑内障週間

 緑内障は現在我が国における中途失明原因の第1位です。我が国では40歳以上の20人に1人が緑内障と考えられていますが、初期は自覚症状がなく視野障害が進行してから気づく人がほどんどです。一方で、診断と治療の進歩によって、早期に診断され治療を継続すれば、緑内障によって失明に至る確率は大幅に低下しています。したがって、緑内障による失明を防ぐには、多くの方に緑内障という疾患の存在を知ってもらうことが重要です。

 「世界緑内障週間」は、2008年から世界緑内障連盟(World Glaucoma Association)と世界緑内障患者連盟(World Glaucoma Patients Association)が主体となって世界一斉に行われている緑内障啓発のための国際的なイベントです。この期間、世界中で様々なイベントや啓発運動が同時に行われています。

 日本緑内障学会の「世界緑内障週間 ライトアップ in グリーン実行委員会」では、城やタワー、高層ビルなど各地のランドマークをグリーンにライトアップする活動を通して、より多くの人に緑内障という眼の疾患に関心を持っていただくことで、早期発見そして失明予防につながることを願うものです。2017年はJRおおいたシティもグリーンライトアップに参加します。

世界緑内障週間〈全国版〉

 

  昨年度の参考HPはこちら「2016年日本緑内障学会ライトアップ in グリーン運動」 ↓

日本緑内障学会ライトアップ in グリーン運動

 

新着情報


臨床論文奨励賞

大分県アイバンク大分大学医学部付属病院大分大学 県内関連病院一覧