ヘッダーイメージ 本文へジャンプ
担当 相談方法 おいで語ろう会 実績 Q&A 会報 不妊治療費助成金 スケジュール  リンク


事業の概要

不妊・不育に悩む方々に、
「医学的・専門的な相談」や「心の悩み」などについて専門家が相談に応じたり、
「診療機関ごとの治療の実施状況などに関する情報提供」を行ったりしています。

本事業は大分県より大分大学医学部付属病院が委託を受けて実施しているものです。
相談は無料です。

相談事業

・不妊症・妊活に関する相談
・不育症・流産や死産に関する相談
・夫婦二人の人生やそれからの選択に関する相談

☟「まずはこちらにご連絡ください。」
・ 不妊カウンセラー(助産師)による相談(電話・メール・来所)
  電話 相談 火曜~土曜 10時~16時  080-1542-3268  097-586-6368
  メール相談 随時               hopeful@oita-u.ac.jp
  来所 相談 随時 (面接)(予約必要)  
  「さまざまなご相談の最初の窓口となります。お気軽にご連絡ください。」

                           

☟「内容やご希望に応じ必要な専門相談をご案内します。」
・ 生殖医療専門医(医師)による専門相談(面接)(予約制)
  「検査や治療の相談、ステップアップで悩んだときなど気軽に相談できます。」
・ 生殖心理カウンセラー/がん生殖医療専門心理士
  (臨床心理士/公認心理師)によるカウンセリング
(面接・電話)(予約制)
  
「気持ちのこと、夫婦のこと、家族のこと、自分自身のことなど、生殖医療を理解した
  心理カウンセリングです。」

  
「不妊や不育による喪失、悲哀、つらいこころに寄り添います。」
・ 生殖医療相談士(胚培養士)による専門相談(面接・電話)(予約制)
  
「人工授精や体外受精などの治療で活躍する胚培養士が相談に応じます。」
  「受精卵や培養などの胚培養に関する専門的な相談に対応します。」


  例えば
  「基礎体温表だけでもみてもらえないかな」「検査だけでも受けてみようかな」
     
医師相談を利用してみましょう。
     実際の検査や治療の話をしながら一緒にこれからのことを考えます。
     費用や方法、病院選びなどの相談もできます。

  「タイミングをとるときのストレスなどはどこに相談していいのかわからないな」
  「あとから結婚した友人の妊娠を素直によろこぶことができない」
     
心理相談を利用してみましょう。
     逃れられないことや気持ちがつらいとき、どうすれば楽なのかなど相談できます。

  「生理が不順なのが気になる」「高熱ってそんなに悪いのかな」
     
からだのことで気になるときはまず電話やメールの相談を利用してみましょう。
     こんなことで相談していいのかなという心配は無用です。
     また妊娠に関することではおおいた妊娠ヘルプセンターもご利用ください。
 
 「治療のやめ時ってほかの人はどうしてるんだろう」」
  「どのタイミングで夫婦のこれからや次の選択について考えるべきなのかな」
     
人生の再構築の話にはセンターの相談や専門相談が役立ちます。
     養子・里親制度では大分県中央児童相談所の担当者にもご協力いただいています。


おいで語ろう会

・  おいで語ろう会は相談者さん同士の交流の場です
・  皆さんと話してみたいテーマを事前に伺いそれに沿った方々の参加をお待ちしています。
・  開催日やテーマは相談センターのブログでお知らせしています


助成金情報


・ 大分県特定不妊治療費助成金
・ 大分市不妊治療費助成金
・ 大分県下(大分市を除く)
  市町村オリジナル不妊治療費助成制度
  市町村オリジナル不育治療費助成制度


出張相談会・研修会

・ 県内保健所や市町村など、依頼に応じ出張相談や研修会に出向きます。
 
 相談員ブログはこちらから♪

相談室の様子
  



フッターイメージ