トップ > 『平成29年(2017年)九州北部豪雨~大分大学医学部附属病院の被災地支援について~
『平成29年(2017年)九州北部豪雨』~大分大学医学部附属病院の被災地支援について~

平成 29年 7月 13日 更新

≪大分大学医学部附属病院の被災地支援について≫

7月5日から降り続いた大雨により、九州北部の各地で多くの被害が出ました。
被災されたみなさまには心よりお見舞い申し上げます。

大分大学医学部附属病院では、大分県の要請により、7日から医療支援チームを、9日からDPAT(大分県災害派遣精神医療チーム)を日田市に派遣いたしました。

DPAT(大分県災害派遣精神医療チーム)の派遣

派遣場所:日田市西部保健所
7月9日~11日 医師1名,看護師2名(計3名)
7月11日~15日 DPAT隊員として医師1名を派遣する
*県の派遣要請

医療支援チーム派遣

派遣場所:日田市西部保健所
7月7日 医師2名,看護師2名,薬剤師1名,業務調整員1名(計6名)
7月8日 医師3名,看護師2名,薬剤師1名,業務調整員1名(計7名)
7月9日 医師3名,看護師2名,薬剤師1名,業務調整員1名(計7名)
7月10日 災害医療コーディネーター1名,医師2名,看護師2名,薬剤師1名,業務調整員1名,運転手1名(計8名)
7月11日 災害医療コーディネーター1名,医師1名,看護師2名,薬剤師1名,業務調整員1名,運転手1名(計7名)
7月12日 災害医療コーディネーター1名,医師1名,看護師2名,業務調整員1名,運転手1名(計6名)
*県の派遣要請
災害対策本部
7月7日 被災地に向かう医療支援チーム
災害対策本部
7月7日 医療支援チームを乗せ、被災地に向かうドクターカー

附属病院 災害対策室

医学・病院事務部 総務課