診療科長

  • 松原 悦朗
  • Etsuro Matsubara

診療科の紹介

神経内科では、脳・脊髄・末梢神経・筋肉などの病気を診療します。症状としては「めまい」「ふらつき」「しびれ」「ふるえ」「頭痛」「ものわすれ」「けいれん」「意識の障害」「手足の麻痺」「たちくらみ」などの様々です。

当科では、上述の症状をもつ患者さんの症状について、細かな身体診察・神経診察を通じて、原因となる疾患の診断を行います。対象となる疾患は、認知症やパーキンソン病、脊髄小脳変性症などの神経変性疾患から、脳梗塞などの脳血管障害、髄膜炎や脳炎などの神経感染症、筋炎や筋ジストロフィーなどの筋疾患など、多岐にわたります。

当院では3T-MRI、高分解能CT、核医学検査、PET検査などを行うことができますので、必要に応じてこれらの先進機器を用いることで、正確な診断と治療を行っています。


高度な医療又は特徴的な医療

  1. 神経内科学的診察
  2. PET-CT、3T-MRI、各医学検査などの画像検査
  3. 神経伝導検査、針筋電図検査、脳波検査などの電気生理学的検査
  4. 筋生検、神経生検などの病理学的検査
  5. 脳梗塞に対する血栓溶解療法や、自己免疫疾患に対する免疫治療など

専門外来

  • ものわすれ外来
  • ボトックス外来

外来担当医

外来担当医一覧はこちら