診療科長

  • 河野 憲司
  • Kawano Kenji

診療科の紹介

当科は口腔外科疾患全般の治療を行っており、特に口腔癌と口唇口蓋裂の治療に高い専門性を有しています。口腔癌に対しては外科療法を主体に術後の顎顔面形態と機能の温存を重視し、咀嚼や嚥下機能などの術後障害を残さない治療に努めています。とくに歯肉癌により顎骨切除後の顎骨再建を本院形成外科との共同手術により行い、咀嚼機能の回復に力を入れています。また口腔癌の潜在性頸部リンパ節に対しては早期発見のために診断体制を確立しております。さらに口腔前癌病変に対して、長期的な経過観察により癌化予防、ならびに癌化時の早期治療を実施しています。

口唇口蓋裂では胎児に疾患が見つかった家族への出生前説明から始まり、出生後直ちに治療を開始する体制をとっています。顎顔面の審美性と適切な口腔機能の獲得のため、関連医科、矯正歯科、言語聴覚士との綿密な連携のもと、成人になるまでの計画的な一貫治療を行っています。

その他に顎骨病変(歯原性腫瘍、顎骨嚢胞など)の治療、顎変形症治療、難治性口腔粘膜疾患など専門的知識を要する疾患治療を行っています。


高度な医療又は特徴的な医療

  1. 口腔癌に対する形態と機能温存を重視した治療
  2. 口腔癌の潜在的頸部リンパ節転移の早期診断と良好な制御成績
  3. 口唇口蓋裂に対する出生前から成人に至るまでの計画的な一貫治療
  4. 顎・顔面発育を考慮した口唇口蓋裂治療
  5. 難治性口腔粘膜疾患に対する診断・治療・口腔管理
  6. 口腔前癌病変に対する診断・治療・口腔管理

専門外来

  • 口腔腫瘍外来
  • 口唇口蓋裂外来
  • 顎変形症外来
  • 口腔粘膜疾患外来
  • 歯科インプラント外来

外来担当医

外来担当医一覧はこちら