所  属
医学部・医学科
Miura.jpg(18230 byte)
基礎医学系 生体構造医学講座 (解剖学1)
氏  名
三浦 真弘
ふりがな (ローマ字)
みうら まさひろ  (Masahiro MIURA)
職  名
講 師 (Senior Lecturer)
電話番号
(直通) 097-586-5621  (医局受付)tel/fax: 097-586-5623
電子メール
miura@med.oita-u.ac.jp 
学  位 

医学博士  大分医科大学 医博論第64号 (1994.9)
The true nature of the adductor brevis dually innervated by the anterior and posterior branches
of the obturatornerve in humans. Okajimas Folia Anat. Jpn., 71: 67-82. 1994
厚生労働省認定 死体解剖有資格取得 第7719号 (2003.4)

最終学歴
筑波大学大学院 (基礎医学系 健康教育学 神経生理学専攻) 1986.3修了
Movement-Related-Cortical potential accompanying elbow extension: with effect of variation reacted muscular tension on readiness potential (N 1compornent)
通産省・生命工学工業技術研究所・人間環境システム部 (特別研究生) 1986.3修了
(EEG computer analysis)
職  歴
昭和61.4    順天堂大学 ・医学部 ・解剖学講座第1    (Prof.浅見一羊)   助手

平成元.4    大分医科大学 ・医学部 ・解剖学講座第1  (Prof.宮内亮輔)   助手

平成 7.4    大分医科大学 ・ 医学部 ・解剖学講座第1  (Prof.臼井 猛史)   学内講師

平成 9~10  ドイツ Julius-Maximilians-Universtat Wurzburg大学医学部
         Anatomisches Institut (客員研究員)
         (Prof.med. Michael von Ludinghausenに臨床解剖学を師事)  留学

平成12 4   大分医科大学・医学部・ 解剖学講座第1   (Prof.加藤征治)   講師

平成13.1~2 スリランカ Peradeniya 大学歯学部                   出張
        (JICA研究・解剖学教育・研究支援)

平成17 9.   大分大学・医学部・生体分子構造機能制御講座・分子構造解析分野      
                                   講師 (講座主任: H17.9~H21.3)

平成20.6   大分大学・医学部・生体構造医学講座   講師

平成21.4~ 大分大学・医学部・生体構造医学講座(解剖学1) (Prof.濱田文彦) 講師
現在の専門分野 (診療活動や専門医も含む)
(1)リンパ学(Lymphology)
     ○Initial portionを含むリンパ管網の微細構築と系統的構築
     〇脈管外通液(prelymphatic channel) 〇乳斑の機能構造(Milky spots)など

(2)腹膜播種性転移 (リンパ行性転移機構)
     (lymphangiogenesis 、癌腫細胞播種による中皮細胞の形態的変化含む)

(3)臨床解剖学全般(機能解剖学・Kinesiology含む)
     MRI・CTを用いた確認診断
    神経線維解析、靭帯性線維解析

(4)各器官系の形態形成学 (肉眼解剖学的・組織学的・電顕液的解析)
現在の研究課題
(課題1)癌種細胞のリンパ行性転移機構の形態学的・組織化学的解析
(課題2)腹膜播種の外科的治療のEBM解明(腫瘍内微小循環の形態的変化)   
        (1)(2)金沢大学がん研究所・県立静岡がんセンター
        NPO腹膜播種治療支援機構・米田 豊先生との共同研究
(課題3)整形外科学・頭頚部外科学領域の電子顕微鏡的・臨床解剖学的解析
        顔面から頚部へのリンパ流の形態・組織学的研究- 頚部郭清術のための
        基礎的研究-
       大分大学医学部整形外科講座ならびに鹿児島大学歯学部との共同研究
(課題4)脳脊髄液減少症に伴う髄漏機序解明とEpidural blood patchの有効性の形態学的検証
        国際医療福祉大学附属熱海病院 篠原正道教授、山王病院 美馬達夫先生との
        共同研究
(課題5)安全な閉鎖神経ブロック法(ONB)の開発とその形態学的EBM解明
        大分大学医学部麻酔科学講座との共同研究
(課題6)乳癌リンパ節郭清術に必要な腋窩リンパ系の形態学的特徴と
     Level1センチネルリンパ節解析
        腋窩リンパ系とIntercostobrachial nerveの層的・位置的関係解析
        (郭清による犠牲神経再考)
        うえお乳腺外科クリニックとの共同研究
(課題7)肛門-直腸管を用いた粘膜下抗体作製法   
        大分大学医学部微生物学講座との共同研究
(課題8) 精巣間質リンパの流出路の組織学的・電顕的解析
        東京医科大学解剖学講座 伊藤教授との共同研究
研究内容キーワード
(課題1,2)リンパ管、新生リンパ管、癌腫細胞、腹膜播種性転移、酵素組織化学、peritonectomy
(課題3)神経線維解析、筋束構築、機能解剖、肉眼解剖学
(課題4)硬膜外リンパ系、脳脊髄液側副吸収路、Epidural blood patch、脈管外通液路、髄膜
(課題5)閉鎖神経、閉鎖神経ブロック法、大腿内転筋、外閉鎖筋の形態形成、膀胱癌手術
(課題6)腋窩リンパ系、リンパ節郭清術、Intercostobrachial nerve、Level1センチネルリンパ節
(課題7)直腸-肛門管のリンパ流路、免疫、抗体作製
(課題8)精巣リンパ、prelymphatic channel、免疫組織化学
主な学会活動
① 日本解剖学会* 
② 日本癌学会*、  
③ 日本リンパ学会* (国際リンパ学会含む)
④ 手の外科学会
⑤ 国際細胞組織学会International Society of Histology and Cytology
⑥ 播種性転移研究会(世話人・幹事) * 
   NPO法人腹膜播種治療支援機構Organization to support Peritoneal
   Dissemination Treatment
⑦ The American Association of Clinical Anatomist (AACA regular member)
⑧ The British Association of Clinical Anatomists (BACA regular member)
⑨ 日本臨床解剖学研究会 (JACA regular member) **
⑩ 日本顕微鏡学会      
⑪ 人類形態科学研究会 (世話人) *
主な担当講義・実習 (医学部医学科のみ記載)
① 系統解剖学講義・系統解剖学実習 (マクロ解剖学領域)
② 組織学講義・組織学実習 (総論/各論) (細胞-組織学領域)
③ 神経解剖-講義・脳解剖実習     (神経解剖学領域) 中枢神経組織学講義・組織学実習
学外教育経験 (国外のみ)
①平成9~10: Julius-Maximilians-Universtat Wurzburg大学医学部・歯学部
          (系統解剖実習指導)
②平成13.1~3: スリランカ Peradeniya 大学歯学部 (系統解剖実習指導)
主な学術発表・特別講演

(1)脳脊髄液減少症にともなう髄漏機序とEpidural lymphatic systemとの関係について」
(2)Epidural blood patch療法の有効性に関する形態学的解析
    特別講演 H21.4.25平衡斑研究会 (東京赤坂山王病院) 
(3)形態学的アプローチに基づく癌種播種性転移・リンパ行性転移機構について
    教育講演 H20.10.21神戸Trans Genic Inc.学術研究セミナー(Trans Genic Inc研究所)
(4) リンパ管系の形態的解析とその臨床応用-癌種播種性転移・リンパ行性転移機構の
    解明を目指して-
    招待講演 H20.10.14 昭和歯学会特別講演セミナー(昭和大学歯学部)
(5)腹膜播種性転移に関わる腹膜リンパ系について
    シンポジウム H20.8.30 腹膜播種治療支援機構 設立記念講演会(草津総合病院)
(6) 乳がん根治手術において郭清されるリンパ系を見る 乳がんの形態的・組織学的特徴と
   その転移機序について 医学部公開講座  H20.7.7 (大分市コンパルホール)
(7) Anatomical study of the efficacy of epidural blood patch in the cerebrospinal fluid
   hypovolemia with special reference to relationships of the CSF leaks and epidural
   lymphatic system 学術講演
    H21.3.28~30 第114回日本解剖学会全国集会(岡山市)
(8) 乳腺外リンパ系とlevel I センチネルリンパ節について-解剖学的解析- 学術講演 
    第24回大分県「乳がんのつどい」H21.2.7 (大分市コンパルホール)
(9) The role of lymphatic microenvironment on cancer metastasis 学術講演
    67th Annual Meeting of the Japanese Cancer Association  H20.10.29(名古屋国際会議場)
(10) Morphological characteristics of the subepicardial lymphatic plexus in the monkey heart :
   An enzyme-histochemical analysis 学術講演 第2回田原淳顕彰公開シンポジウム
    H20.10.18(中津市)
(11) 解剖学的層構造に基づく新たな閉鎖神経ブロック法 学術講演
    第42回日本ペインクリニック学会  H20.7.18~20 (福岡国際会議場)
(12) Anastomoses between the extracardiac vessels and coronary
    arteries 学術講演 第12回日本臨床解剖研究会全国集会H20.7.12(東京都)
(13) 腹膜播腫における中皮下リンパ管系の形態的変化 学術講演
     第12回日本臨床解剖研究会全国集会  H20.7.12(東京都)
(14) 腹膜偽粘液腫における横隔膜リンパ管網の形態的特徴―酵素組織学的観察
     ― 学術講演 第113回日本解剖学会総会・全国学術集会 H20.3.27~29(由布市)
(15)Treatment of peritoneal dissemination by ip Bevacitumab in experimental peritoneal
   dissemination
     学術講演 第80回日本胃癌学会総会H20.2.27-29 (横浜国際会議場)
(16)神経支配様式に基づくM.gluteus minimusの機能解剖学的意義 学術講演
     第20回九州・山口スポーツ医科学会学術集会 H19.12.1 (福岡大学医学部整形外科学)
(17) 精巣間質リンパの流出路の形態学的解析  特別講演
     東京医科大学第20回生体構造医学セミナー H19.10.4 (東京医科大学医学部)
(18) Lymphangiogenesis in peritoneal dissemination  
     学術講演 第66回日本癌学会総会 H19.10.3~5 (横浜国際会議場)
(19) 靭帯性構造の線維解析は可能か?Iliotibial tractを検証材料にして シンポジウム講演
     第3回マクロ解剖学サマーワークショップ熊本 H19.8.25日 (熊本大学医学部)
(20) 転倒予防に必要な歩行医学  医学部公開講座 平成19年度大分大学 H19.9.5
     大分市コンパルホール
(21) 内側広筋の筋線維構築とその支配神経様式-人工関節置換術の手術手技に関連して
     学術講演 第11回日本臨床解剖研究会全国集会 H19.7.7(富山市)
(22) 脳脊髄液減少症に対するEpidural blood patchの有効性に関する臨床解剖学的検討-
     硬膜外リンパ管系との関係を中心にして- 学術講演
     第11回日本臨床解剖研究会全国集会  H19.7.7(富山市)
(23) 癌性腹膜炎における腹膜リンパ管  学術講演 第31回日本リンパ学会学術総会 
     H19.6.7~9(仙台市)
(24) 腹膜リンパ管系の系統的構築とその生後成長様式  シンポジウム講演
     第31回日本リンパ学会総会 H19.6.7~9(仙台市)
(25) サル肛門‐直腸領域の壁内リンパ管系の微細分布とリンパ流  学術講演
     第112回日本解剖学会総会・ 全国学術集会 H19.3.27~29(大阪市)
(26) 加齢によって失うもの得るもの -転ばぬ先の人間科学-」 
     大分大学地域共同研究センター主催
     産学交流学術セミナー(H19.2.7)大分大学活性化プラザ 
(27) 腋窩領域リンパ管系とintercostobrachial nerveとの解剖学的関係 
    -マクロとミクロをつなぐリンパ管研究-」 シンポジウム講演  
     新潟大学医歯学大学院  熊木克治教授退官記念シンポジウム H18.8.5(新潟)
(28) Whole-mount法を用いたリンパ管新生様式の形態学的解析 特別講演
     鹿児島大学医歯学大学院 イブニングセミナー H18.2.16(鹿児島))
(29) Epidural lymphatic systemの形態学的特徴-低髄液圧症・脳脊髄液減少症発症に関わる
    cerebrospinal fluidの経リンパ吸収機序を中心にして シンポジウム講演
     第3回インパクト交通外傷バイオメカニクス部 専門委員会
     「難治性外傷性頚部症候群の諸病態」  2006.2.4(東京都)
(30) Epidural blood patchの有効性に関する電顕・組織学的検討―epidurallylymphatic system
    との関係を中心にして- 学術講演 第44回九州麻酔科学会 H18.9.2(大分市)
(31) 腋窩領域リンパ管系とN. intercostobrachialis posteriorの位置的関係 学術講演
     第10回日本臨床解剖研究会学術集会 H18.6.16~18(東京都)
(32) 胃癌のリンパ管新生とリンパ節転移の分子機構 学術講演
     日本リンパ学会総会 H18.6.1~3 (東京都)
(33) Topographical relationship between the superficial veins and the cutaneous nerves.
     学術講演 5th International Symposium on Electron Microscopy in Medicine and
     Biology H17.10.7~9 (Heibei Medical University) (China)
(34) 「MR画像に基づくヒトpostero lateral structuresの解剖学的解析」 シンポジウム講演
     大分大学フォーラムH17.3.4(大分市)
(35) 「理学療法士に必要な膝関節の臨床解剖学」 教育講演
     第27回大分県理学療法士会研究会  H17.6.5(大分市)
(36) 「安全な静脈注射の第一歩」 学術講演 第4回日本看護医療技術学会全国集会(つくば市)
(37) 胃癌のリンパ管新生の分子機構 学術講演 第46回日本癌学会学術集会 
     H17.9.14~16(札幌市)
(38) 胃癌のリンパ管新生の機構 学術講演 第29回日本リンパ学会総会 H17.7.15~17(宇部市)
(39) 肝臓表在性リンパ管系の微細構築とそのリンパ流路―Whole-mount法を用いた
   組織化学的検索― 学術講演 第29回日本リンパ学会総会 H17.7.15~17(宇部市)
(40) Iliotibial tractの構成線維と その機能解剖学的意義について
     学術講演 第9回日本臨床解剖研究会 H17.6.10~11(千葉市)
(41) 解剖学教育における3D 動画コンテンツの試み シンポジウム講演
     第110回日本解剖学会総会・ 全国学術集会 H17.3.28~31(富山医科薬科大学・富山市)
(42) Role of lymphangiogenesis by VEGD-C and VEGF-D in gastric cancer. シンポジウム講演
     International Sympojium on Basic and Clinical Lymphology in Oita, 2004 H16.8.29(Oita)
(43) Distribution of the epidural lymphatics and Lymphatic drainage of the cerebrospinal fluid
     シンポジウム講演 International Sympojium on Basic and Clinical Lymphology in Oita, 2004
     H16.8.29(Oita)
(44) Histochemical investigation of lymphatic networks in lymphangiogenesis using a whole-mount
     preparation. シンポジウム講演 16th International congress of the IFAA
     H16.8.22~27 (Kyoto) (selected oral)
(45) 股関節および下肢外側支持機構の臨床解剖学 教育講演 第18回大分県理学療法学研究会
     H16.6.6 (2004)(大分市)
(46) MRイメージを用いたヒト膝posterolateral structuresの解剖学的解析 学術講演
     第17回九州・山口スポーツ医・科学研究会H16.12.11 (福岡市)
(47) 肝臓漿膜下リンパ管系の微細分布とリンパ流―肝鎌状間膜リンパ管との交通路を
     中心としてー 学術講演 第8回日本臨床解剖研究会 H16.9.2 (金沢市)
(48) 胃癌におけるVEGFC,-D遺伝子
     導入によるリンパ管新生 学術講演 第63回日本癌学会学術総会 H16.9.29-10.1 (福岡市)
(49) 口腔扁平上皮癌細胞の同所移植モデルにおけるVEGF-Dのリンパ管新生誘導能 学術講演
     第63回日本癌学会学術総会 H16.9.29-10.1(福岡市)
(50) 血管内皮増殖因子VEGF-Cおよび
     VEGF-Dにおける脈管新生誘導について」 学術講演 第28回リンパ学会総会
     H16.6.17~20(富山市)
(51) Histochemical demonstration of the subepicasdial lymphatic plexus in the monkey heart
     using a whole-mount preparation XIV International Comgress of Lymphology 9 2002
     (Friburg, German)
(52) Fine structure and distribution of intramural lymphatic networks in the monkey and human
     anus- rectal canals. XIV International Comgress of Lymphology 9 2002 (Friburg, German)
(53) Anatomical investigations of extracardiac anatomoses and extracoronary arteries.
     1st Joint Meeting of the European and American Associations of Clinical Anatomists 7
     2002 (Graz, Austria)
(54) Morphological characteristics of the intramucosal lymphatic vessels in the
     large intestine as revealed by an enzyme-histochemical method 1st Joint Meeting of the
     European and American Associations of Clinical Anatomists 7 2002 (Graz, Austria)
(55) TFCC( triangular fibrocartilage complex)の微細構築とその機能
    (DRUJL/PRUJLの損傷機序を含めて)
     教育講演 第100回大分県手の外科研究会「じっと手を見る会 H15.9.14(大分市)
(56) An anatomical investigations of posterolateral structures in human knee, with special
    references to the poptical muscle 学術講演 第7回日本臨床解剖研究会 
     H15.9.19~20(横浜)
(57) 組織伸展試料を用いたリンパ管新生様式の組織化学的観察 学術講演
     第27回日本リンパ学会 H15.6.12~13(東京都)
(58) 肩関節・肩周囲の血管・神経系の臨床解剖学  
     教育講演 第17回大分県理学療法学研究会 H16.6.8(大分市)
(59) サル心臓の心外膜下リンパ管網の系統的構築:伸展組織試料を用いた酵素組織化学的
   描出   学術講演   第108回日本解剖学会総会・全国学術集会  H15.4.1? 3 (福岡市) 
(60) ヒト大腸壁内リンパ管系の起始形態についてー組織化学・電顕的観察-  学術講演 
     第6回日本臨床解剖研究会総会 2002.7.19-21防衛医大(東京都)
(61)大腸壁内リンパ管系の微細分布とそのリンパ流 シンポジウム講演
     第26回日本リンパ学会総会 イブニングセミナー 2002.6.28 (大分市)
(62) サル心外膜下リンパ管の系統的構築-全載組織標本を用いた組織化学的観察 学術講演
     第26回日本リンパ学会総会 2002.6.28 (大分市)
(63)ヒト後外側構成体における膝窩筋の
     運動学的意義について 学術講演 第107回日本解剖学会総会・全国学術集会 
     アクトシティ浜松 2002.3.29-31(浜松市)
(64) Fine disrtribution and structural organization of lymphatic vessels in the membranous
     tissues: a histochemical observation Sri-Lanka, Faculty of Dentistry, University of
     Peradeniya 2001.1 (Kandy Perdeniya)
(65) Demonstration of lymphatic networks in monkey pelvic peritoneum during pregnancy:
     an enzyme- histochemical observation. XVIII International Congress of Lymphology
     2001.9.3~7 "Port Antico"-Magazzini del Cotone Genoa (Italy)
(66) 直腸子宮窩領域の腹膜リンパ管の微細分布とリンパ流  学術講演 第5回臨床解剖研究会
     2001.6.30 東邦大学医学部大森病院 (東京)
(67) サル大腸粘膜固有層におけるリンパ管網の微細分布と構築 学術講演
     第25回日本リンパ学会総会
     2001.6.15~16浜松市アクトシティ・コングレスセンター(浜松)
(68) 壁側腹膜のリンパ管系について   シンポジウム講演 第22回肉眼解剖懇話会  
     2001.4.1(高知)
(69) 薄膜系のリンパ管の分布とその構築-組織化学的観察  
     シンポジウム講演 第12回人類形態科学 研究会学術大会 2001.3.31(高知)
(70) Posterolateral structuresにおけるpopliteal muscleの運動学的意義について
   -解剖学的検索-   学術講演  第13回九州・山口スポーツ医科学研究会
     2000.12.8-9. 福岡 (主催:長崎大学整形外科)
(71) 中枢神経系のリンパ路-脳脊髄液の経リンパ排導を中心として 
     シンポジウム講演 第2回Clinical Anatomy Course of the Maxillofacial Region
     2000.9.25?26. 新潟
(72) サル骨盤腔領域腹膜のリンパ管系の分布と構築-組織化学的検索- 学術講演  
     第24回日本リンパ学
     会総会 2000.6.23~24東京医科大学 (東京)
(73) Structural organization of parietal peritoneal lymphatics and lymph drainage in the monkey
     abdominal wall: enzyme-histochemical study  学術講演 第105回日本解剖学会総会
     2000.3. (横浜)
(74) Enzyme-Histochemical Study of the Lymphatic Networks in the Monkey Pelvic Peritonum.
     学術講演  XV Internatuinal Symposium on Morphological Science 2000.9.18?21. (京都) 
(75) Experimental studies on morphological changes of lymphatic vessels in rat: Effect of ligation
    of the thoracic duct  学術講演 XV Congress of the International Federation of
    Associations of Anatomists. 1999.9. Roma
(76) 「胸膜・腹膜のリンパ系と病態」,治療 腹膜・間膜のリンパ系の分布
     と構築 -組織化学的検索  シンポジウム講演 第24回日本リンパ学会総会
      1999.7.(鹿児島)
(77) リンパ管系の肉眼形態学的研究の20年間の歩みと 21世紀への展望 シンポジウム講演
     肉眼形態科学第20回記念特別シンポジウム 1999.3.(東京)
(78) Morphological characteristics of the extracardiac anastomoses and extracoronary
    arteries in human  学術講演 第104回日本解剖学会総会 1999.3. (東京)
(79) The pterygo-spinous complex (PSC) in the human Symposium Internationale Tertium
    Anatomiae Clinicae. 1998. 3. Varna, Bulgaria.
(80) Histochemical identification of the lymphatics of the spinal dura mater and their distribution
     pattern in Macaca fuscata. 19th British Association of Clinical Anatomists. 1997. 12.
     Nottingham, England.
(81)中枢神経系のリンパ路 シンポジウム I 各臓器のリンパ源流 シンポジウム
     講演 第22 回日本リンパ学会総会. 1997. 6. (新潟)
(82) Structural organization of the initial lymphatics in the monkey spinal meninges as revealed
    by an enzyme-histochemical method. 16th International Congress of Lymphology, 1997. 9.
    Madrid, Spain.

主な研究業績

三浦真弘.:Meningeal-related lymphatic vessels systemを基軸とした髄液循環の新知見.第18回日本正常圧水頭症学会proceeding31,2017.

三浦真弘, 内野哲哉.:交通外傷後の頚椎障害-非生理的髄液漏出のメカニズム-Journal of the Japanese Council
of Traffic Science 17 (Supplement),49,2017.

三浦真弘.: 髄液と間質液の吸収メカニズム-髄膜リンパ管からの吸収路を中心として-神経内科87(3),240-250,2017.

三浦真弘, 濱田裕一.: リンパ管静脈吻合術で観察される皮下間質・リンパ管の微細構造的特徴:四肢慢性リンパ浮腫患者の走査電子顕微鏡所見 医学のあゆみ 264(13),1141-1146,2017.

濱田裕一, 三浦真弘.: リンパ浮腫組織微小形態変化に基づいた重症リンパ浮腫に対する外科的治療.医学のあゆみ
264(13),1171-1176,2017.

Miura M.: Scanning electron microscopy findings in patients with lower- extremity lymphedema: fine-
structure characteristics of subcutaneous tissues observed during lymhacticovenous anastomosis.
Surgical Treatments for Lymphedema, Isao Koshima, (Edited) Person-Shobo co.td, Tokyo.86-102,2017.

米村豊, 三浦真弘.:10章-12章 転移しやすい腹膜1-16、転移しにくい腹膜1-2. 腹膜播種の治癒をめざす包括的治
療2017(周術期化学療法と腹膜切除による新しい治療),米村豊(編),NPO腹膜播種治療支援機構,神戸1029–1043,
2017.

内野哲哉, 三浦真弘, 平野隆.: 縦隔・気管・食道編II章(2)輪状甲状穿刺・切開-適応と実際-.イラスト手術手技のコツ、耳鼻咽喉科・頭頚部外科-咽喉頭頸部編 第2版(編)村上泰、久育男、東京医学社,東京399-402,2017.

Miura M, Uchino T, Hamada Y.: Morphological characteristics of the chronic lymphedema associated with lymphostasis of the extremities: Scanning electron microscopy findings. Jap. Lymphology 39(1),9-14, 2016.

Uchino T, Miura M, Oyama Y, Matsumoto S, Shingu C, Kitano T.: Lateral deviation of four types of epidural catheters from the lumbar epidural space into the intervertebral foramen. J Anesth. 30(4), 583-90, 2016.

Kume O, Teshima AY, Abe I, Ikebe Y, Oniki T, Kondo H, Saito H, Fukui A, Yufu K, Miura M, Shimada T, Takahashi N. : Role of atrial endothelial cells in the development of atrial fibrosis and
fibrillation in response to pressure overload. Cardiovascular Pathology 27,18-25,2016.

三浦真弘, 内野哲哉.: 髄液循環における最新知見:髄液吸収は硬膜関連リンパ管系が鍵を握る.第31回日本脊髄外科学会proceeding 74, 2016.

Miura M, Uchino T.: Expression patterns of aquaporin in the spinal meninges involved in cerebrospinal fluid leak: a focus on the relationship with meningeal pre-lymphatic channels. Surg Radiol Anat. 37,650,2016.

Uchino T, Miura M, Kitano T.: Superficial radial artery encountered during puncture of the radial artery: anatomical consideration.Surg Radiol Anat. 39,652,2016.

三浦真弘, 内野哲哉.: スポーツに伴うアキレス腱炎・周囲炎の発症機序の解剖学的再考-腱線維束解析の応用-.日本整形外科スポーツ医学科会雑誌35 (4),340,2015

Miura M, Uchino T.: Re-considering the pathogenesis of Achilles tendonitis and rupture based on tendinous-fiber analysis findings.J Physiol Sci. 65 (Supplement 1), 151, 2015

内野哲哉, 北野敬明, 三浦真弘.: 閉鎖神経ブロックの再考. 臨床麻酔. 39 (7),975-988, 2015.

三浦真弘, 内野哲哉, 高橋明弘.: 脳脊髄液に関する最新知見:髄液の産生、循環、吸収について-経リンパ管吸収路を中心にして-.脊髄ジャーナル. 28(8), 694-703, 2015.

三浦真弘, 米村豊.: 9章:転移しやすい腹膜、10章:転移しにくい腹膜. 腹膜播種の治療をめざす包括治療(周術期化学療法と腹膜切除による新しい治療).米村豊(編), 国際腹膜播種学会, 神戸. 1, 17-36, 2015.

三浦真弘、重石雄大、内野哲哉、島田和幸
.: アキレス腱の構成線維解析に基づくアキレス腱炎発症機序の再検討. 臨床解剖研究会記録 13(1), 42-43,2014

高見博明、三浦真弘、麻生邦一.: 注射針にともなう内側前腕皮神経損傷の1. 臨床解剖研究会記録13(1), 39-40,2014

三浦真弘、内野哲哉、重石雄大島田和幸.肘後外側回旋不安定症を誘発する責任構造は何か?-肘外側側副靭帯複合体の解剖学的再考- 臨床解剖研究会記録13(1), 45-46,2014

内野哲哉、三浦真弘、友成健一郎、島田和幸、野口隆之.閉鎖神経ブロックにおける客観的指標としての造影検査-解剖学的考察-.臨床解剖研究会記録 13(1), 37-38,2014

鈴木伸一、川口正二郎、岩田牧子、池西優理子、三浦真弘:仙骨部嚢胞破裂による低髄液圧症候群の1.臨床解剖研究会記録13(1), 48-49,2014

高橋明弘、三浦真弘.:外傷後脳脊髄液減少症の髄液漏出経路に関する解剖学的考察. 臨床解剖研究会記録13(1), 50-51,2014

三浦真弘、米村豊:リンパ管新生と生後成長様式の形態学的特徴.リンパ学37 (1), 10-15,2014

Oshiro H, Miura M, Iobe H, Kudo T, Shimazu Y, Aoba T, Okudela K, Nagahama K, Sakamaki K, Yoshida, Nagao T, Nakaya T, Kurata A, Ohtani O.Lymphatic Stomata in the Adult Human Pulmonary Ligament. Lymphatic Research and Biology 2014 Dec.19 1-9,2014

Onishi Y, Eshita Y, Ji RC, Onishi M, Kobayashi T, Mizuno M, Yoshida J, Kubota N.: Anticancer efficacy of a supra-molecular complex of a 2-diethylaminoethyl-dextran-MMA graft copolymer and paclitaxel used as an artificial enzyme. Beilstein J, Nanotechnol. 5,2293-2307,2014

三浦真弘.: 脊髄硬膜外リンパ系の形態学的特徴とその存在意義-リンパ学から見た脳脊髄液の生理的漏出と異常漏出機序について. 形態科学17 (1), 17-29,2014

Yonemura Y, Canbay E, Endou Y, Ishibashi H, Mizumoto A, Miura M, Yan L, Takeshita K, Ichinose M, Takao N, Hirano M, Sako S, Tsukiyama M.: Peritoneal cancer treatment. Expert Opin Pharmacother. 15 (5), 623-636,2014

内野哲哉、三浦真弘.: 末梢穿刺中心静脈カテーテル(PICC)挿入における合併症を防ぐポイント-臨床解剖学的視点より-.Novellus. 日本COVIDIEN株式会社出版,東京 2014 Dec 7, 1-3,2014

三浦真弘: リンパ系の基礎生理・臨床解剖学(リンパ系の動態<発生~構造・機能>).5回日本DLM技術者協会研修テキスト. DLM技術者協会(編)日本DLM技術者協会出版, 東京1-36,2014

三浦 真弘, 内野 哲哉, 鈴木 伸一: 脳脊髄液漏出症における腰仙髄領域からの髄液漏出機序とその実験的検証- RI脳槽シンチグラフィーにおける髄液漏出像の本態について-.臨床解剖研究会記録13 (1), 4-5,2013

安部 美幸, 三浦 真弘.: 両側乳癌・多臓器転移で死亡した1解剖体における腋窩リンパ節転移状況について-乳腺リンパ系の解剖学的検索-. 臨床解剖研究会記録13 (1), 68-69,2013

内野 哲哉, 三浦 真弘, 友成 健一郎, 島田 和幸,野口 隆之: 閉鎖神経ブロックの安全性に関わる血管系の走行様式-解剖学的検討-. 臨床解剖研究会記録 13 (1), 40-41,2013

Yonemura Y, Canbay E, Endou Y, Ishibashi H, Mizumoto A, Miura M, Li Y, Liu Y, Takeshita K, Ichinose M,Takao N, Hirano M, Sako S, Tsukiyama G.: Peritoneal cancer treatment.Expert Opin Pharmacother 15 (5), 623-636,2013

三浦 真弘、米村豊.: Peritoneal carcinomatosisとリンパ行性転移との関係について. リンパ学36 (1), 12-17,2013

内野 哲哉, 三浦 真弘, 野口隆之.: 輪状甲状膜穿刺の実際と留意点. JOHNS, 東京医学社、東京29 (10), 1727-1732,2013

三浦 真弘.: 12-11: リンパ管システムと末梢流路、111-2: 悪性腫瘍の転移、12: 脈管形成異常.Foeldi's Textbook of Lymphology: For Physicians and Lymphedema Therapists, 3ed 藤村 (監修)日本DLM協会出版, 東京55-111, 451-472,2013

三浦 真弘、米村豊.: がんリンパ行性転移に必要なリンパ. Lymphology necessary for the trans-lymphatic metastasis –peritoneal carcinomatosis-Proceedings of the 7th Clinical Anatomy Workshop of the Maxillofacial Region, 新潟9-11,2013

三浦 真弘.: リンパ系の基礎生理・臨床解剖学. リンパ浮腫治療(新しい視点と手技) セミナーテキスト. 日本DLM協会出版、東京1-36,2013

Hirai S, Naito N, Terayama H, Miura, M, Itoh M: The origin of lymphatic capillaries in murine testes.Journal of Andrology 33, 745-751, 2012.

Oshiro H, Miura M, Ohtani O: Malignant pleural effusion and ascites occurring in conjunction with cancer metastasis to the lymphatic stomata. Lymphology 45(Suppl),2012.

Yonemura Y, Elnmr A, Ishibashi H, Mizumoto A, Miura M, Li Y: Effects of neoadjuvant intraperitoneal systemic chemotherapy(bidirectional chemotherapy) for the treatment of patients with peritoneal.
Int J Surg Oncol. 2012, 8, 2012.

Yonemura Y, Elnmr A, Endou Y, Ishibashi H, Mizumoto Y, Miura M: Surgical Results of Patients with Peritoneal Carcinomatosis Treated with Cytoreductive Surgery Using a New Technique Named Aqua Dissection.Gastroenterol Res Pract. 2012, 10, 2012.

Miura, M, v Lüdinghausen M, Shimada K: Morphological characteristics of extracardial coronary anastomoses.Tawara’s Opera, Revisited 6,33-39, 2012.

内野 哲哉, 三浦 真弘, 野口 隆之, 島田 和幸: 硬膜外カテーテルの逸脱に関する解剖学的考察.臨床解剖研究会記録(JRSCA) 12(1), 60-61, 2012.

三浦 真弘, 安部 美幸, 島田 和幸: 乳腺Sentinel Lymph Nodesと上肢リンパ管系との交通関係-腋窩リンパ節郭清にともなう上肢浮腫の発生機序の検討-.臨床解剖研究会記録(JRSCA) 12(1), 26-27, 2012.

長谷川 理, 三浦 真弘, 内野 哲哉, 島田 和幸Paravertebral space(傍脊椎腔)の解剖学的特徴と傍脊椎ブロックの薬剤伸展様式について.臨床解剖研究会記録(JRSCA) 12(1), 56-57, 2012.

石部 幸二, 田松 裕一, 三浦 真弘, 島田 和幸顔面神経末梢枝に分布する栄養血管の形態について.臨床解剖研究会記録(JRSCA) 12(1), 64-65, 2012.

Yonemura Y, Miura M, Endou Y, Ishibashi H, Mizumoto Y: A new concept of trans-lymphatic metastasis on the mechanism of peritoneal carcinomatosis.Jap. Journal Lymphology, 35(1), 43-46, 2012.

三浦 真弘, 米村 豊: Pseudomyxoma peritonei における中皮下リンパ管系の形態学的特徴-prelymphatic channelと播種性転移機構との関係を中心として-.平成23年度厚生労働科学研究費補助金による難治性疾患克服研究事業成果報告書論文集 1-10, 2012.

Hirai S*, Naito M, Terayama H, Qu N, Miura M, Masahiro Itoh: The origin of lymphatic capillaries in murine testes.Journal of Andrology 11 (3), Publish-Ahead-of-Print 2011.

三浦 真弘*、米村 豊: ヒトomental milky spotsの形態学的特徴 –大網播種性転移をともなう形態的変化を含めて-.
リンパ学
34 (1), 2-6, 2011.

三浦 真弘*、安部 美幸、島田 和幸: Does Adachi’s C-type brachial plexus affect the fundamental structure of the axillary lymphatic system? With reference to clearance areas of level I and II axillary lymph nodes.
臨床解剖研究会記録 12 (1), 32-33, 2011.

内野 哲哉*、三浦 真弘、野口 隆之: 新しい閉鎖神経ブロック法の臨床応用-超音波ガイド下ブロック法の解剖学的評価も含めて-.臨床解剖研究会記録12 (1), 34-35, 2011.

内野哲哉*、佐々木美圭、田原里美、牧野剛典、長谷川理恵、高谷純司、萩原聡、竹島直純、奥田健太郎、松本重清、新宮千尋、三浦真弘、岩坂日出男、北野敬明、野口隆之: Obturator nerve blockにおける問題点.臨床麻酔
35 (1), 89-96, 2011.

Miura M*, Uchino T: The morphological relationship between the mechanisms of spontaneous spinal cerebrospinal fluid leakage with cerebrospinal fluid hypovolemia and spinal epidural lymphatic system.Proceedings of the 5th Clinical Anatomy Workshop of the Maxillofacial Region (Niigata) 25-27, 2011.

Miura M*, Yonemura Y: The morphological changes in the subperitoneal lymphatic vessels system in the pseudomyxoma peritonei.平成23年度厚生労働科学研究費補助金・難治性疾患克服研究事業:研究者会議・成果報告書(分担) 19-21. 2011.

三浦 真弘: 捻挫直後の応急処置はRICEが効果的.健康不思議発見ニュース(9月号:ビジュアル編)., 健学社出版,
東京 19 (9), 3-4, 2011.

三浦 真弘: ケガの予防には準備運動と正しいストレッチングが大切.健康不思議発見ニュース(9月号:ビジュアル編)., 健学社出版, 東京 19 (9), 5-6, 2011.

三浦 真弘.運動傷害とその応急処置(RICE)-RICEの効果機序と傷害予防について-.
健康不思議発見ニュース(9月号:解説編)., 健学社出版, 東京 19 (9), 1-10, 2011.

三浦 真弘.足首を捻挫した、さあ、どうしたらいいの?.健康不思議発見ニュース(9月号:クイズ編)., 健学社出版, 東京19 (9), 1-2, 2011.

Ishibe K*, Tamatsu Y, Miura M, Shimada K: Morphological study of the vasa nervorum in the peripheral branch of human facial nerve.Okajimas Fol. Anat. Jpn.88 (3), 111-119, 2011.

Miura M*, Abe M, Shiada K: The morphological characteristics of axillary lymphatic system with special reference to the relationship between the variations in blood supply of mammary sentinel lymph nodes and the development of A. subscapularis superfisialis.Physical Sciences (Proceedings of the 88th Annual Meeting the Physical Society of Japan and the116th Annual Meeting of the Jpn. Association of Anatomists.
17-18, 2011.

三浦 真弘: 脳脊髄液減少症の発生機序と硬膜外ブラッドパッチの有効性に関する形態学的解析.平成20-22年度文科省科学研究費補助金・研究成果報告集. 2011.

Hirai S, Naito M , Terayama H, Ning Q, Miura M, Itoh M: Difference in abundance of blood and lymphatic capillaries in the murine epididymis.Medical Molecular Morphology 43(1), 37-42, 2010.

三浦 真弘, 安部 美幸, 米村 豊: ヒトomental milky spotsの形態学的特徴 -播種性転移をともなう形態的
変化を含めて-.日本臨床解剖研究会記録10 (1), 36-37, 2010.

梅木駿太, 三浦真弘, 島田和幸: ヒト小殿筋の機能形態学的特徴-運動機能再考.日本臨床解剖研究会記録
10 (1), 28-29, 2010.

三浦 真弘, 米村 豊.脳脊髄液減少症にともなう髄液漏出の発生機序と脊髄硬膜外リンパ系との形態学的関係-Epidural blood patchの有効性検証も含めて-リンパ学 33(1), 2-11, 2010.

Yonemura Y, Endou Y, Sasaki T, Hirano M, Mizumoto A, Matsuda T,Takao N, Ichinose M, Miura M.Surgical treatment for peritoneal carcinomatosis from gastric cancer. Eur J Surg Oncol36 (12), 1131-8, 2010.

Yonemura Y, Elnemr A, Endou Y, Hirano M, Mizumoto A, Takao N, Ichinose M, Miura M.Multidisciplinary therapy fortreatment of patients with peritoneal carcinomatosis from gastric cancer.World J Gastrointest Oncol2 (2), 85-97, 2010.

UchinoT, Hagiwara S, Iwasaka Hideo,Kubo K, Takatani J, Mizutani A, Miura M, Noguchi T: Use of Imaging Agent to Determine Postoperative Indowelling Epidural Catheter Position.The Korean Journal of Pain23(4), 247-253, 2010.

三浦 真弘, 紀 瑞成, 内野哲哉.脳脊髄液減少症の病態とその発生機序. 日本交通科学研究51, 24-30, 2010.

Ji RC, Eshita Y, Xing L, Miura M.Multiple expressions of lymphatic markers and morphological evo-lution of newly formed lymphatics in lymphangioma and lymph node lymphangiogenesis.Microvasc Res
80(2), 195-201, 2010.

Hirai S, Naito M , Terayama H, Ning Q, Miura M, Itoh M: Difference in abundance of blood and lymphatic capillaries in the murine epididymis.Medical Molecular Morphology 43(1), 37-42, 2010.

三浦 真弘, 安部 美幸, 米村 豊: ヒトomental milky spotsの形態学的特徴 -播種性転移をともなう形態的
変化を含めて-.日本臨床解剖研究会記録 10 (1), 36-37, 2010.

梅木駿太, 三浦真弘, 島田和幸.ヒト小殿筋の機能形態学的特徴-運動機能再考.日本臨床解剖研究会記録
10 (1), 28-29, 2010.

三浦 真弘, 米村 豊.脳脊髄液減少症にともなう髄液漏出の発生機序と脊髄硬膜外リンパ系との形態学的関係-Epidural blood patchの有効性検証も含めて-リンパ学 33(1), 2-11, 2010.

Yonemura Y, Endou Y, Sasaki T, Hirano M, Mizumoto A, Matsuda T,Takao N, Ichinose M, Miura M.Surgical treatment for peritoneal carcinomatosis from gastric cancer.Eur J Surg Oncol 36 (12), 1131-8, 2010.

Yonemura Y, Elnemr A, Endou Y, Hirano M, Mizumoto A, Takao N, Ichinose M, Miura M: Multidisciplinary therapy fortreatment of patients with peritoneal carcinomatosis from gastric cancer.World J Gastrointest Oncol2 (2), 85-97, 2010.

UchinoT, Hagiwara S, Iwasaka Hideo,Kubo K, Takatani J, Mizutani A, Miura M, Noguchi T: Use of Imaging Agent to Determine Postoperative Indowelling Epidural Catheter Position.The Korean Journal of Pain23(4), 247-253, 2010.

三浦 真弘, 紀 瑞成, 内野哲哉.脳脊髄液減少症の病態とその発生機序.日本交通科学研究 51, 24-30, 2010.

Ji RC, Eshita Y, Xing L, Miura M: Multiple expressions of lymphatic markers and morphological evo-lution of newly formed lymphatics in lymphangioma and lymph node lymphangiogenesis.Microvasc Res
80(2), 195-201, 2010.

Miura M, Luedinghausen M, Shimada K: Morphological characteristics of the extracardial coronary anastomoses and extracoronary arteries. J.R.S. Clin.Anat . 9 (1), 54-56, 2009.

堀美保, 三浦 真弘, 島田達生: ヒト上肢の皮静脈と皮神経の位置的関係の形態学的研究.日本看護技術学会誌
8 (2), 20-28, 2009.

米村豊, 新保雅也, 平野正満, 島田信也, 三浦真弘, 遠藤良夫: 第2章「腹膜播種形成の分子機構と治療法」.がん温熱療法ガイドブック. (毎日健康サロン) 日本ハイパーサーミア編 58-63, 2009.

三浦真弘: 「熱中症とは?」(クイズ編), 「体温調節と熱中症の発症メカニズム」(コタエ編), 「熱中症の」(ビジュアル編.)「熱中症の病態とその予防法」(解説編).7,
健康不思議発見ニュース.健学社出版健康不思議発見ニュース.健学社出版 1-10, 2009.

三浦真弘, 三浦芳子: 「低温やけどとは?」(クイズ編), 「低温やけどの発症メカニズム」(コタエ編), 「低温やけど」(ビジュアル編), 「低温やけどの病態とその予防法」(解説編)健康不思議発見ニュース.健学社出版.12, 1-12, 2009.

内野哲哉, 三浦真弘, 野口隆之: 「気管切開に必要な解剖学」気管切開の適応と方法.
人工呼吸 26(2), 50-61, 2009.

[共論][論] [共論] Pseudomyxoma peritoneiにおける中皮下リンパ管系の形態的変化 6, 1-11, 2009.

三浦真弘, 三浦芳子: 「虫刺され」(クイズ編),「虫刺され」(コタエ編), 「虫刺されとその予防法」(ビジュアル編), 毛虫毒の病態とその予防法.Japanese Research Society of Clinical Anatomy. 8: 18-19 , 2008

[著書 ]第II章「腹膜播腫形成の分子機構と治療法」pp58-63 
     Heperthermia がん温熱療法ガイド ブック
     日本ハイパーサーミア学会編 毎日健康サロン 神凌文庫出版(東京) 2008
[翻訳著書] 「Clinically Oriented Anatomy」5th ed 第VI章 lower limb  pp540-710 
     「臨床のための解剖学」
     監訳: 佐藤達夫・坂井達雄  MEDSi(東京) 2008 (分担翻訳書籍)
[翻訳著書] IV生体防御と生存: 第17章 関節 pp423-438
     ロス&ウィルソン健康と病気のしくみが分かる解剖
     生理学 改訂第2版 監訳、島田達生、小林邦彦、渡辺浩、菱沼典子、
     西村書店(新潟) 2008
[報告書] 癌種リンパ行性転移機構に関る大腸壁内リンパ管系の形態学的解析
     平成17-18年度 文部科学省科学研究費 (基盤研究C) 研究成果報告書,2008年
[共論] 胃癌のすべて:P0・Cy1胃癌の治療. 消化器外科, 31 (5) : 802-812, 2008
[共論] 下肢安定機構に関るgluteus minimus muscleの解剖学的特徴
     -支配神経様式に基づく運動機能 再考-.
     九州・山口スポーツ医科学研究会誌. 20: 101-107, 2008
[共論] 安全な閉鎖神経ブロック法-
     臨床解剖学的検討-. Japanese.Research Society of Clinical Anatomy, 8: 30-31, 2007
[共論] Morphological characteristics of extracardial coronary anastomoses and extracoronary
     arteries in the normal human heart Japanese Research Society of Clinical Anatomy.
     8: 54-56, 2008
[共論] 脳脊髄液減少症に対するepidural blood patchの有効性に関する臨床解剖学的検討
     -epidural lymphatic systemとの関係を中心にして-
     Japanese Research Society of Clinical Anatomy. 8: 18-19 , 2008
[共論] Iliotibial tract遠位部の線維構築と大腿-膝外側支持機構 との関連性.
     Japanese Research Society of Clinical Anatomy. 7: 20-22 , 2007
[共論] 腋窩領域リンパ管系とN.intercostobrachialis posteriorとの位置的関係.
    Japanese.Research Society of Clinical Anatomy, 7: 15-17, 2007
[共論] Advances in the management of gastric cancer with peritoneal dissemination,
     Recent Results Cancer Res. 169: 157-64, 2007
[共論] The natural history of free cancer cells in the peritoneal cavity.
     Recent Results Cancer Res. 169: 11-23, 2007
[共論] Cytoreduction and intraperitoneal chemotherapy for carcinomatosis from gastric cancer.
     Cancer Treat Res. 134: 357-73, 2007
[共論] Long-term results of peritonectomy on the patients with peritoneal carcinomatosis.
     Gan To Kagaku Ryoho. 34 (12) : 1926-30, 2007
[共論] Lymphangiogenesis and expression of specific molecules asLymphatic endothelial cell
     markers
     Anatomical Science International 81:71-83,2006
[共論] 腹膜播種に対する外科治療 手術 60:49-56, 2006
[共論] Morphological peculiarities of the deep infratemporal fossa in advanced age.
     Surg. Ragiol. Anat. 28:4582-4588, 2006
[共論] Iliotibial tract 構成線維とその機能解剖学的意義について.
     Japanese Research Society of Clinical Anatomy 6:6-8, 2006
[共論] Evaluation of lymphatic invasion in primary gastric cancer by a new monoclonal antibody,
     D2-40. Hum Pathol. 37:193-199, 2006
[共論] 膝後外側構成体の解剖学的特徴とMRイメージ 日本解剖学雑誌 80 (Suppl) 79-80, 2005
[共論] Role of VEGF-C and D in lymphangiogenesis in gastric cancer. Int. J. Clinical Oncology
     5: 318-327, 2005
[共論] Peritonectomyを用いた腹膜播種の集学的治療 癌の臨床 51(10): 797-809, 2005
[共論] MR画像に基づくヒトposterolateral structuresの解剖学的解析  
     Japanese Research Society of Clinical Anatomy 5: 56-57, 2005
[共論] 肝臓漿膜下リンパ管系の微細分布とリンパ流-falciforme
     ligament リンパ管との交通路を中心として  
     Japanese Research Society of Clinical Anatomy 5: 34-35, 2005
[著書] おもしろ解剖学読本 改訂4版(金芳堂)2004 pp1-403
[共論] Effect of sucralfate on antibiotic therapy for helicobacter pylori infection in mice.
     Antimicrobial  Agents and Chemotherapy 48:4582-4588, 2004
[共論] Fine structure and distribution of intramural lymphatic networks in the monkey
     and human anorectal canals Lymphology 37(Suppl) : 25-30, 2004
[共論] Histochemical demonstration of the subepicardial lymphatic plexus in the monkey heart
     using a whole-mount preparation Lymphology 37(Suppl) : 17-23, 2004
[共論] Expression of VEGFR-3 and 5'-Nase in regenerating lymphatic vessels of the cutaneous
     wound healing. Micros. Res. Tech. 64: 279-286, 2004
[共論] 大腸壁内リンパ管系の起始形態についてー
     組織化学。電顕的観察.  Japanese Research Society of Clinical Anatomy 3:48-49,2003
[共論] Rectouterin pouch領域の腹膜リンパ管の微細分布とそのリンパ流 
     Japanese Research Society of Clinical Anatomy 2:52-53 ,2002
[共論] Demonstration of lymphatic networks in monkeys pelvic peritoneum during pregnancy :
     an enzyme-histochemical observation. Lymphology 35 (Suppl): 71-75, 2002
[共論] 直腸子宮窩領域の腹膜リンパ管の微細分布とリンパ流.   
     Japanese Research Society of Clinical Anatomy 2: 54-56, 2001
[共論] 薄膜系のリンパ管の分布とその構築 -組織化学的観察-    形態科学 5: 29-35, 2001
[共論] 後外側構成体における膝窩筋の運動学的意義について-解剖学的検索-.
     九州・山口スポーツ医・科学研究会誌 13: 10-16, 2001.
[共論] 大腸壁内リンパ管の微細分布と リンパ流 -組織化学・電顕的観察- 早期大腸癌5(5):
     423-432, 2001
[共論] Morphological and structural characteristics of the peritoneal lymphatic capillary
     networks.  Acta Anatomica Sinica 32(3):233-237 (Fig.page,7-8), 2001.
[著書] The Anatomical Basis of Coronary Sinus Reperfusion."Coronary Sinus Interventions in
     Cardiac Surgery"2nd (edited by Werner Mohl) 35-54, Eurekah. com. 2000
[翻訳著書] 第17章:The Circulatory System "ロス&ウイルソン健康と病気の仕組みが分かる
     解剖生理学"(Anatomy and Physiology in Hualth and Illness)
     (島田達生,小林邦彦,渡邊 晧監訳) pp82-97, 西村書店,新潟,2000.
[共論] Structural Organization and Fine Distribution of Lymphatic Vessels in Periodontal Tissues
     of the Rat and Monkey: A Histochemical Study Okajimas Folia Anatomica Japonica
     77(4):93-108, 2000
[共論] 腹膜・間膜のリンパ管系の分布とその構築 -組織化学的観察- リンパ学 
     23巻1号23-32, 2000
[共論] サル骨格筋膜・腱膜のリンパ管網の組織化学的観察 リンパ学 23巻1号,1-7, 2000
[共論] Variations and anomalies of the human orbital muscles.   Surgical Radiologic Anatomy.
     21: 69- 76,1999
[共論] Lymphatic drainage of the cerebrospinal fluid from monkey spinal meninges : with special
     reference to the distribution of the epidural lymphatics. Arch. Histol. Cytol.
     61: 277-286, 1998
[共論]. Histochemical characteristics of the endothelial cells of the subcapsular sinus in the
     monkey mesenteric lymph node. Lymphology 31(Suppl) : 69-71,1998
[共論] Structural organization of the initial lymphatics in the monkey spinal meninges as
     revealed by an enzyme-histochemical method. Lymphology 31(Suppl.): 86-90, 1998
[共論] Morphological features of the initial portion of the epidural lymphatic system in the
     monkey spinal meninges. Three-Dimensional Microanatomy. 3: 19-22, 1997
[共論] Fine structure and distribution of lymphatic vessels in the human dental pulp : a study
     using an enzyme-histochemical method. Cell Tissue Res. 288: 79-85, 1997
[共論] The distribution and architecture of lymphatic vessels in the rat stomach as revealed
     by an enzyme-histochemical method. Okajimas Folia Anatomica Japonica 74: 37-54, 1996
[共論] The double omohyoid muscle in humans : Report of one case and review of the literature.
     Okajimas Folia Anatomica Japonica 73: 49-68, 1995
[共論] The true nature of the adductor brevis dually innervated by the anterior and posterior
     branches of the obturator nerve in humans. Okajimas Folia Anatomica Japonica.
     71: 67- 82, 1994
[共論] 血管(静脈・動脈)とリンパ管の鑑別のための三重染色法 リンパ学 17(1): 1-6, 1994
[共論] Stuctual organization of the initial lymphatics in the monkey mesentry and intestinal wall
     as revealed by an enzyme-histochemical method. Arch. Histol. Cytol. 56:149-160, 1993
[共論] A supernumerary muscle between the adductors brevis and minimus in humans
     Okajimas Folia Anatomica Japonica. 69: 89- 98, 1992

医学教育用ビデオ教材 作製
(1)Gross Anatomy Dissection Guide for Medical Students (part I)
  チュートリアル教育用解剖実習教材 (35 min), 2001

(2)Gross Anatomy Dissection Guide for Medical Students (part II)
  チュートリアル教育用解剖実習教材 (28 min), 2001

(3)臨床解剖学シリーズ(I) 頸部神経・血管の剖出 (頸神経叢の構成と分布)
   腋窩剖出(腕神経叢の構成と腋窩動脈の分枝形態の形態的特徴)
   肩関節ならびに関節周囲構造の剖出
   チュートリアル教育用解剖実習教材 (75 min), 2002

(4)臨床解剖学シリーズ(II)下肢-1
   殿部・股関節周囲の筋・神経・血管の剖出
   大腿部伸側・屈側の筋・神経・血管の剖出
   前腹壁の構造と剖出
   股関節の構造
   チュートリアル教育用解剖実習教材 (84 min), 2003

(5)臨床解剖学シリーズ(III)下肢-2 膝部周囲の筋・神経・血管の剖出
   膝関節靭帯系の剖出と機能 (posterolateral structures)
    (74 min), 2004

(6)臨床解剖学シリーズ(IV)胸腹部内臓系
   腹部内臓・骨盤内臓・胸部内蔵の形態的特徴
   漿膜の構造と臓側血管
   心臓・心臓周囲の構造 (31min), 2004

(7)3D立体映像用医学教材 (解剖学コンテンツ編)
    (12min) 2005

(8)臨床解剖学シリーズ(V)腋窩リンパ系-1
   腋窩リンパ系(Level I,II領域) (9 min), 2006
   腋窩前壁の層構造

(9)臨床解剖学シリーズ(VI) 乳腺外科に必要な腋窩リンパ系の局所解剖
   腋窩リンパ系(Level I,II,III領域&深頸リンパ系)
   腋窩前壁の層膜構造    (12min), 2008
学術賞等
(1) 日本癌治療学会 優秀研究賞 H16.10
   「Role of lymphangiogenesis by VEGD-C and VEGF-D in gastric cancer」 (共同研究)

(2)大分県理学療法学会 学術大会会長賞 H17.12.10
   長期拘縮膝の解剖学的特徴について-臨床解剖学的解析-」(指導研究)

(3)日本看護技術学会 学会優秀賞(会員投票第2位)
   安全な静脈注射の第一歩-形態・組織学的研究- (指導研究)
メディア出演ならびにマスコミ取材協力など
(1) 放送日時・時間帯:平成20年10月3日 pm11:00~11:30
   NHK総合 「解体新ショー」
   番組タイトル:へそゴマの不思議 取材協力内容:ヒト臍ゴマの顕微形態ならびに
   微細構築の電顕的解析と 成分分析(脂質分析)など

(2) 放送日時・時間帯:平成20年11月26日pm9:00~9:55
   日本テレビ「ザ!世界仰天ニュース」 番組タイトル:ダイエットと拒食症の恐怖
   取材協力内容:成人女性の 体組成のデータと体重減少にともなう臓器重量の
   変化についてコメント
   (年齢・性別に応じた各器官系の 重量比較と体重比率についてデータ提供)

 

文部科学省・科学研究補助金採択状況と報告書一覧 (平成8年度~)

著 者
題 名
誌名・巻・頁・年
研究代表加藤征治   

 分担:三浦 真弘 
課題番号:

微小循環の臓器内分布と新生に関する 組織化学的研究
平成8-9年度科学研究費補助金(基盤研究C)

研究成果実績報告書 平成10年3月
研究代表:三浦 真弘

  紀 瑞成 加藤征治
課題番号:11770009

神経系のリンパ路-経リンパ脳脊髄液吸収路に関する組織化学的・肉眼解剖学的研究
(150万円)
平成11-12年度科学研究費補助金(奨励研究A)
研究成果実績報告書 平成12年3月
研究代表:三浦 真弘

  紀 瑞成 加藤征治
課題番号:14570018          
経リンパ腹水吸収路と腹膜播種性転移機構の形態学的解析
(140万円)(120万円)
平成14-15年度科学研究費補助金(基盤研究C)
研究成果報告書 平成17年3月
研究代表:三浦 真弘

  紀 瑞成 加藤征治
課題番号:18590170   
癌腫リンパ行性転移機構に関る大腸壁内リンパ管系の形態学的解析  (150万円)(190万円)
平成18~19年度科学研究費補助金(基盤研究C)
研究成果報告書 平成20年3月
研究代表:三浦 真弘

  紀 瑞成 内野 哲哉
課題番号:20590173           
脳脊髄液減少症の発生機序と硬膜外ブラッドパットの有効性に関する形態学的解析
(190万円)(150万円)
平成20~22年度科学研究費補助金(基盤研究C)
研究成果報告書 平成22年3月
     

スタッフTOPへ