医学情報センター 医学情報センター

ホーム > センター概要

 

 

 

 

概要

  医学情報センターは、1995年(平成7年)4月に、学内LAN と病院情報システムとを総合的に管理運用する組織として、学内措置で設置された。キャンパスネットワークが構築され,グループウエアが導入されて,インターネットアクセスや電子メールが利用できるようになった.

1999年(平成11年)4月に、附属病院に医療情報部が設置されて,病院情報システムの運営管理は分離された。 2000年(平成12)年4月に、学内共同利用施設となった。
2003年(平成15年)10月に、旧大分大学と旧大分医科大学は統合され、大分大学総合情報処理センター挾間分室(医学情報センター)となった。
2007年(平成19年)4月に、旧両大学の計算機システムは機種更新の時期を合わせ,基盤情報システムとして一括導入を行った。これにより,学生の情報環境,e-ラーニングシステムの整備,各種サーバの更新が行われ,コンピュータウィルス対策,不正侵入検知・防御などの安全・安心なネットワーク環境を維持する仕組みが強化された.また、大学全体で統合認証システムが導入された。
2008年(平成20年)4月に、図書館、医学図書館、情報基盤センター、医学情報センターの4つが学術情報拠点を組織し,学術情報拠点(医学情報センター)となった。
2010年(平成22年)3月に,補正予算で,無線AP 160台を整備した.
2011年(平成23年)4月の更新で,学内のメールシステムを統合した.学生用パソコンを 148台から 262台に増やし,学生向けの無線環境の整備(無線AP 40台増)を行った.

 

職務内容

医学情報センター
ユーザーの登録
ユーザーのパソコンの登録
ネットワーク利用のサポート
ウイルス対策などのセキュリティサポート
学生用パソコン,プリンタの保守管理
挟間キャンパスのネットワーク管理(病院再整備に伴う小規模な通信機器・配線の撤去,退避,仮設,新規設計,機器の設置なども
webサーバ,ファイルサーバなどの運用管理
不正アクセス対策,ファイアウォールなどのセキュリティ管理
webコンテンツの作成支援,保守支援
※対象ユーザ
挟間キャンパスの教職員学生その他 約3,000名 | 対象機器 パソコンやプリンタ等の機器 約2,500台(病院情報システムは除く)

 

写真

 


 

諸規程

 

 

メンバー

センター長 三宅 秀敏 内線 5490
准教授 安徳 恭彰 内線 5162
准教授 下村 剛  
  涌 ゆみ 内線 6231・6078
  森 由喜子 内線 6231・6078
  笠置 みちこ 内線 6231・6078

 

 

 

地図

位置図