ホーム > 診療案内

同門会リンク

スケジュール認知症ノート認知症予防

診療案内

(1)診療内容

神経内科では、脳梗塞、てんかん、脳炎・髄膜炎・脊髄炎などの急性疾患から、筋萎縮性側索硬化症、脊髄小脳変性症、パーキンソン病などの慢性疾患まで、様々な特徴をもった疾患を対象としています。高齢化社会に伴い問題となっている認知症についても、その適切な診断と治療に際しては神経内科での診察が欠かせません。

神経内科では詳細な病歴と診察にもとづいた診療を重視していますが、近年では検査機器の進歩も大きく、大分大学付属病院では中枢神経の評価にMRIや脳血流シンチグラムなどを活用しています。とくに変性疾患の評価に脳血流シンチが有用であり、アルツハイマー病や脊髄小脳変性症、多系統萎縮症の診断にも活用しています。そのほかにも、脳梗塞の管理に重要な頚部血管エコー検査、末梢神経疾患・筋疾患の評価に欠かせない神経生理検査(神経伝導検査、針筋電図検査)などを神経内科医が行っており、必要に応じて筋生検や神経生検も行い、当施設内で病理診断まで行っております。

 

 

(2)外来診療のご案内

 
神経内科全般 麻生 泰弘   松原 悦朗
木村 成志
木村 有希
軸丸 美香 石橋 正人
佐々木 雄基
物忘れ外来
(午後)
木村 成志        
ボトックス外来       佐藤 龍一  

 

 

 

(3)特殊外来について

・ボツリヌス毒素療法外来

眼瞼痙攣、片側顔面痙攣、けい性斜頸の患者さんに、ボツリヌス毒素の局注療法を行っています(毎週木曜日)。

 


・物忘れ外来

毎週月曜日の午後に行っています(予約外来)。高次機能検査、画像検査(MRI、SPECT)を施行し、診断、進行度の評価から適切な治療、介護サポートを行っています。