Welcome to the Official Page for Department of Neurosurgery Oita University

ご挨拶

■ご挨拶

 診療案内

 スタッフ

 業績集

 お知らせ

 入局案内

 関連施設

 リンク集

 トップ

 

 

 

 

大分大学医学部脳神経外科のホームページをお開き頂き有り難うございます。 先ず、藤木 稔からご挨拶申し上げます。  

大分大学医学部脳神経外科学講座は昭和57年4月に掘 重昭教授、森 照明助教授が東北大学から赴任し、大分医科大学脳神経外科として開設されました。昭和59年4月に本学第一期生6人の新入局員と一緒に脳神経外科学教室の基礎を築き上げました。平成12年7月に福井医科大学から古林秀則教授が、平成19年4月から藤木 稔が就任し、現在の体制が出来上がりました。平成15年10月に旧大分大学と大分医科大学が統合し、大分大学医学部脳神経外科として再出発しています。大分大学医学部附属病院は「患者本位の最良の医療」を基本理念とする。さらに、高度先進医療の開発と提供をとおして、倫理感 豊かな医療人を育成し、地域社会の福祉に貢献するとの理念を掲げ、教室員一丸となって取り組んでいます。脳神経外科の診療は脳血管性障害、脳腫瘍、外傷、脊椎・脊髄疾患、機能的脳神経外科として痛みやてんかんの外科手術などに取り組んでいます。研究では高頻度磁気刺激の臨床応用、脳虚血耐性、脳腫瘍の遺伝子治療、てんかんの外科等が進行中であります。学内、学外の関連施設とも協力して業績を上げていきたいと考えています。また学部学生、大学院学生にも出来るだけ気軽に教室に寄って貰える様に心がけています。脳神経外科学教室では大学院生を募集しております。どうせやるならexcitingな研究をやりましょう。詳細はホームページから気軽にご利用頂ければ幸いです。