国立大学法人 大分大学医学部 環境・予防医学講座

教授あいさつ

大分をトップレベルの研究地に

環境・予防医学講座 教授 山岡吉生

私は1997年4月からアメリカテキサス州ヒューストン市のベイラー医科大学消化器内科に勤務し、2009年4月に大分の地に赴任してきました。月日の経つのも早いもので、大分に来て5年以上が経っています。

ただ帰国後も、ベイラー医科大学消化器内科の職は継続し、2010年には、ベイラー医科大学消化器内科教授にも就任しています。

そのため、日米の往復の日々が続き、さらに大分では、アジア各国との共同研究を展開しているため、これらの国々にも出かける機会が多く、なかなか大分に根を下ろすという感じではありません。

この5年間で、徐々に講座の規模も大きくなり、国費留学生だけでも5名(ベトナム2名、インドネシア、タイ、モンゴル)、さらにRONPAKU制度での学生も1名(バングラデシュ)と国際色豊かな研究室となっています。さらに、今年の10月には3名の国費留学生を受け入れる予定です。

当然、講座内での公用語は英語で、毎週のミーティングも英語で行っています。また、ベイラー医科大学の私の研究室にも大分大学から現在2名が留学中で、彼らも毎週のミーティングにはビデオ会議で参加しています。アジアを中心とした共同研究先も20か国に迫る勢いです。

さて、簡単に講座の研究内容を説明しますと、ヘリコバクター・ピロリ(ピロリ菌)の研究なのですが、その主要テーマは2つあり、一つ目はピロリ菌の病原因子の探求で、今までに3つの新発見をしました。すなわち病原因子CagAに存在する繰り返し配列には東アジア型と欧米型があり、繰り返し数が胃癌発症と何らかの関連を持っていること、炎症惹起に関与する新規病原因子Outer inflammatory protein(OipA)を発見、命名したこと、十二指腸潰瘍誘導因子であるDuodenal ulcer promoting (DupA)を発見、命名したことです。

二つ目のテーマは、ピロリ菌をマーカーにした人類移動史の研究で、世界各国でピロリ菌を採取し、分子疫学の手法を用いて、ピロリ菌が人類と共にアフリカを旅立ち、世界中に広がっていく移動史を徐々に明らかにしています。

今後も、今まで築いてきた国際共同研究ネットワークの幅をさらに広げ、トップレベルの研究を目指し、大分の地から世界に向けて発信していけるよう鋭意努力したいと考えています。

今、私と夢を共有し、積極的に日本の医療・研究に貢献しようとする気概のある人材を探しています。

2015年3月25日 教授室にて

経歴紹介

現職

  • 大分大学 医学部 環境・予防医学講座 教授
  • ベイラー医科大学 消化器内科講座 教授

略歴

山岡 吉生(Yosio Yamaoka)
  • 昭和58年(1983年)3月31日 京都大学工学部 卒業
  • 昭和58年(1983年)4月 1日 京都大学工学部大学院 入学
  • 昭和59年(1984年)4月 1日 京都府立医科大学 入学
  • 平成2年(1990年)3月31日 京都府立医科大学 卒業
  • 平成2年(1990年)5月24日 医師免許証取得
  • 平成2年(1990年)5月24日 京都府立医科大学付属病院
    研修医
    第3内科勤務
  • 平成3年(1991年) 4月 1日 大津市民病院研修医
    消化器内科勤務
  • 平成5年(1993年) 4月 1日 京都府立医科大学大学院
    医学研究科
    博士課程入学
  • 平成9年(1997年)3月31日 医学博士
  • 平成9年(1997年)4月23日 アメリカ合衆国ベイラー医科大学留学
    同大学消化器内科およびMichael E.
    DeBakey Veterans Affairs MedicalCenter
    消化器内科 勤務
  • 平成13年(2001年) 1月1日 アメリカ合衆国ベイラー医科大学
    消化器内科講師
  • 平成14年(2002年) 1月1日 アメリカ合衆国ベイラー医科大学
    消化器内科助教授
  • 平成16年(2004年)10月1日 アメリカ合衆国ベイラー医科大学
    消化器内科准教授
  • 平成21年(2009年) 4月1日 大分大学医学部
    環境・予防医学講座教授
    現在に至る
  • 平成22年(2010年) 4月1日 アメリカ合衆国ベイラー医科大学
    消化器内科教授
    現在に至る
  • 平成18年(2006年) 7月1日 ~ 平成19年6月30日
    イラン国Shaheed Beheshti of Medical University
    消化器内科客員教授
  • 平成20年(2008年) 1月1日 ~ 平成21年12月31日
    北海道大学病院
    客員臨床教授

学術活動・社会貢献等

国際学術雑誌の准編集長 (Associate Editor):
  • PLoS ONE
  • World Journal of Gastroenterology (Strategy Associate Editors-in-Chief)
  • Gut Pathogen
  • Gastroenterology Research and Practice
  • Journal of Medical Microbiology
国際学術雑誌の編集委員 (Editorial Board Member):
  • Faculty of 1000 Medicine(Gastroenterology) 
  • Clinical Medicine Insights Gastroenterology
  • Journal of Infection in developing countries
  • Research Journal of Microbiology
  • European Reviews Medical Pharmacology
  • Case Report in Medicine
  • Journal of Medical Microbiology and Diagnosis
査読した国際学術誌
  • Alimentary Pharmacology and Therapeutics
  • American Journal of Gastroenterology
  • American Journal of Physiology-Gastrointestinal and Liver Physiology
  • American Journal of Tropical Medicine and Hygiene
  • Annals of Clinical Microbiology and Antimicrobials
  • Annual Research & Review in Biology
  • Archives of Microbiology
  • Bioorganic & Medicinal Chemistry Letters
  • BMC Gastroenterology
  • BMC Clinical Pathology
  • British Journal of Cancer
  • British Journal of Medicine and Medical Research
  • British Microbiology Research Journal
  • Canadian Journal of Microbiology
  • Cancer
  • Cancer Biomarker
  • Cancer epidemiology
  • Cancer Genetics
  • Cancer letters
  • Cancer Prevention Research
  • Cell Communication and SignalingClinical Chemistry
  • Clinical Infectious Disease
  • Clinical Gastroenterology and Hepatology
  • Clinical and Vaccine Immunology
  • Clinics & Research in Hepatology and Gastroenterology
  • Collegium Antropologicum
  • Cytokine
  • Digestion
  • Digestive Diseases and Science
  • Digestive and Liver Disease
  • Diagnostic Microbiology and infectious disease
  • EMBO Report
  • European Journal of Cancer
  • European Journal of Clinical Investigation
  • European Journal of Gastroenterology and Hepatology
  • Experimental Biology and Medicine
  • Experimental Cell Research Review
  • Expert Review of Anticancer Therapy
  • Expert Review of Gastroenterology and Hepatology
  • FEMS Immunology and Medical Microbiology
  • FEMS Microbiology letters
  • Frontiers in Cellular and Infection Microbiology
  • Gastroenterology
  • Global Research Journals of Microbiology
  • Gut
  • Helicobacter
  • Human Immunology
  • Hypertension Research
  • Immunogenetics
  • Infection and Immunity
  • Infection, Genetics and Evolution
  • International Journal of Cancer
  • International Journal of Infectious Diseases
  • Journal of Biological Chemistry
  • Journal of Clinical Immunology and Immunopathology Research
  • Journal of Clinical Investigation
  • Journal of Clinical Gastroenterology
  • Journal of Clinical Microbiology
  • Journal of Computer Science and System Biology
  • Journal of Functional Foods
  • Journal of Immunology
  • Journal of Infection and public health
  • Journal of Infectious Diseases
  • Journal of Infection in Developing Countries
  • Journal of Laboratory and Clinical Medicine
  • Journal of Medical Laboratory and Diagnosis
  • Journal of Medical Microbiology
  • Journal of Medical Science
  • Journal of Surgical Oncology
  • Journal of the National Cancer Institute
  • Journal of Pediatric Gastroenterology and Nutrition
  • Journal of Proteome Research
  • Journal of Veterinary Medicine and Research
  • Jundishapur Journal of Microbiology
  • Life Sciences
  • Microbiology
  • Microbes and Infection
  • Microbiology and Immunology
  • Microbial Agents and Chemotherapy
  • Microbiologica Clinical and Experimental Medicine
  • Microbial?Drug?Resistance
  • Microbial Pathogenesis
  • Molecular Biology and Evolution
  • Molecular Cancer Research
  • Mucosal immunology
  • Nutrition and Cancer
  • Oncogene
  • Pathology - Research and Practice
  • Pediatric Research
  • PLoS One
  • PLoS Pathogen
  • Proceedings of the National Academy of Sciences of the United States of America
  • Royal Society of Tropical Medicine and Hygiene
  • The American Journal of Tropical Medicine and Hygiene
  • Tumor Biology
  • Trends in Microbiology
  • Scandinavian Journal of Infectious Disease
  • Science
  • Scientific Reports
  • SciTechnol
  • Vaccine
  • World Journal of Gastroenterology