本文へスキップ

初期・後期研修医募集!! 過ごしやすい九州で働きませんか? 大分大学医学部附属病院の研修センターです。

HOME>個人情報保護方針

個人情報保護方針Privacy policy


プライバシーポリシーについて

 大分大学医学部附属病院卒後臨床研修センター(以下「本センター」といいます)および、大分大学医学部附属病院卒後臨床研修センターのウェブサイト(以下「本サイト」といいます)は、独立行政法人等の保有する個人情報の保護に関する法律(平成15年法律第59号)及び大分大学大学院医学系研究科個人情報保護規定を遵守し、本学の業務である、教育、研究、医療、社会貢献、管理運営その他諸活動に必要な個人情報を適正に取り扱い、次の方針のとおり個人情報の保護に努めます。なおこの、宣言は、広く一般社会に積極的に宣言するだけでなく、職員の個人情報の保護に対する意識及び取組をより一層徹底させるものです。


大分大学医学部附属病院卒後臨床研修センター個人情報保護方針

 本センターは、ご利用者との信頼関係を築き、維持することを第一に考えます。このため本センターは、ご利用者の個人情報を最も重要な情報であると認識します。

 本センターは、次の個人情報保護方針のもと、適切にご利用者の個人情報を取り扱います。
  1. 従業員全員が個人情報保護に関する法令やガイドラインを守るとともに、日本工業規格「個人情報保護に関するコンプライアンス・プログラムの要求事項」(JISQ15001)に沿った学内規程を定め、これを守ります。
  2. ご利用者からいただく個人情報は、利用目的を明確に定め、ご利用者の同意を得た範囲で利用します。
  3. 個人情報への不正アクセスを阻止すると共に、紛失、破壊、改ざん、漏洩を防止する措置を講じ、厳正な管理のもとで利用・保管します。
  4. 個人情報の処理等を社外に委託する場合は、委託先に対し、個人情報取り扱いに関する留意事項を徹底遵守するよう指導します。
  5. 個人情報に関わる社内規程、管理方法は、常に適正な状態を保つため、継続的に改善します。
  6. 個人情報の売買、貸与、及びこれに類する行為は一切致しません。


個人情報のお問い合わせ窓口

お問い合わせ専用窓口 097-586-5205
お問い合わせ専用FAX 097-586-5206
お問い合わせ専用E-mail SOTUGO@oita-u.ac.jp


個人情報の取り扱いについて

 本センターは、「個人情報保護方針」に則り、下記の要領でご利用者の個人情報を取り扱います。

1.個人情報の利用目的
 ご利用者の個人情報は次の目的に利用させていただく場合がございます。
 (1)本センターの利用調査、アンケート等のDMの送付、関連するサービスに関する事業活動
 (2)本センター、研修プログラムに関する情報のご案内
 法令の規定に基づく場合および別途お客様ご利用者の同意をいただいた場合を除き、上記目的以外の利用はいたしません。

2.個人情報の安全管理
 ご利用者の個人情報は、厳正な管理のもとで安全に保管し、他に漏洩することのないように本センターにて大切にお守りします。

3.個人情報の提供・開示
 ご利用者の個人情報は、お客様ご利用者の同意をいただいた場合および下記の場合を除き、第三者に提供・開示することはございません。
(1)上記の利用目的のために外部業者に業務委託する場合
(2)法令の規定に基づいて、司法、行政またはこれに類する機関から情報開示の要請を請けた場合また、業務委託する場合は、委託先に対し適切な監督を行います。

4.個人情報の開示・訂正・利用停止のご請求
 ご本人から個人情報の開示を求められた場合は開示し、誤りがある場合は訂正いたします。 開示・訂正・利用停止につきましては、上記のお問い合わせ窓口にご連絡ください。

5.Cookieについて
 ご利用者が本サイトをご利用する過程で、サイト運営のためにご利用者の「集合情報」「Cookie情報」を収集する場合があります。
 「集合情報」とはユーザーグループの習慣、使用パターン、統計情報であり、特定のユーザーを識別するものではありません。「Cookie情報」とは、Cookieという業界標準の技術を利用して、記録保管を目的として、ウェブサイトがユーザーのコンピューターのハードディスクに転送する情報のことです。
 Cookieは、特定のサイトでユーザーが選択した情報を保存することにより、Webをさらに役立たせることができます。なお、ユーザーのコンピューターを識別することはできますが、ユーザー自身を識別することはできません。大半のブラウザは、Cookieを受け入れるように最初から設定されています。ユーザー側でCookieを拒否するように設定することもできますが、その場合ウェブサイトを十分に活用できなくなる可能性があります。