研修プログラム

入局希望医師、または長期休暇などで見学希望の医学生を歓迎します。詳細は眼科医局までお問い合わせ下さい。

医局長 山田喜三郎

大分大学眼科後期研修プログラム

1. はじめに
眼科は、視覚という特殊な感覚を受容伝達する眼組織を扱う専門性の高い領域です。高齢化社会を迎える現状で健やかに老いていくためには、感覚器障害を克服することはきわめて重要な課題になっています。
大分大学眼科の後期研修プログラムでは、眼科領域の多彩な疾患の正確な診断と病態理解を可能にし、短期間に診療に必要な基礎技術を習得できるようにしました。また、眼科は外科的治療手段が重要な領域でもあります。当科では大分県唯一の大学病院眼科として白内障手術、緑内障手術、角結膜手術、網膜硝子体手術など、広範な専門領域の手術を網羅的に行っています。手術経験を積むためには関連病院での経験が必要ですが、大学病院だけでも十分なほどの手術症例数です。

2. 研修指導医

■久保田敏昭(教授):緑内障、網膜硝子体
■木許賢一:網膜硝子体
■山田喜三郎:網膜、電気生理
■中室隆子:白内障
■横山勝彦:角膜、緑内障
■岸大地:網膜硝子体、涙道
■河野博文:網膜硝子体、眼循環

3. 研修過程

3~4年目:大学病院、関連病院で研修。診断能力の修練と斜視手術、
外眼部手術、白内障手術の習得
5~6年目:専門外来での診療、緑内障、網膜疾患の手術の習得
7年目  :眼科専門医試験

4. 眼科専門医受験

受験資格には眼科手術100例以上、眼科論文1編、学会発表2回が義務づけられています。当科は、多彩な疾患を、一見厳しくみえるものの本当は心優しい指導医のもとで万遍なく研修できるため、合格率は100%です。

5. 経済的安定

3年目は大学規定の給与とアルバイト代で50万円程度

6. 大学院、留学

本人の希望により、大学院進学は何年目からでも可能です。ただし、進学先や進学時期によっては専門医試験の受験が遅れることがあります。

7. 最後に

大分県は豊後水道と九州山地に挟まれた風光明媚なところです。都会の慌ただしさもなく、患者さんは概して温厚で、医師―患者関係も良好です。
患者さんの医療に対する不信、誤解が強く、十分な研修ができない病院も多いと聞きますが当科ではその心配はありません。
眼科は治療により視力が劇的に改善することが多く、患者さんのために一生懸命に努力すれば、それ以上の感謝を受け、喜びを分かち合うことができます。良好な医師―患者関係を築くすべを学ぶことが、これからの医師には知識や技術の習得以上に実は大切なことかも知れません。
大分大学眼科の後期研修に一人でも多くの方が参加されることを期待しています。

 

大分県アイバンク大分大学医学部付属病院大分大学 県内関連病院一覧眼感染症Strip PCR検査