研究内容

花田克浩 研究紹介

DNAダメージにより中断したDNA複製フォークの再開メカニズムの解明

DNA複製は、遺伝情報を次世代に伝達する重要な生命現象であり、これが正常に完結しないと、癌や代謝異常(老化症状を含む)を引き起こす。しかし、DNA複製は、日常生活の中で生じるDNAストレスが原因となる構造異常によって中断してしまうことがある。これを回避するために、DNA複製の再開機構が存在することがわかっているが、その分子メカニズムは明らかになっていない。このメカニズムを解明したい。

クロスリンク(ICL)除去修復のメカニズムの解析

DNAの2本鎖の両方を共有結合で架橋してしまうDNAの傷(クロスリンク)は、染色体不安定性を特に増悪させる。近年の研究では、お酒などのアルコール代謝やアミノ酸代謝の中間体が、クロスリンクを形成する物質を形成することがあるということが示されている。クロスリンクは、がんや老化促進の原因となっている可能性考えられ、その除去メカニズムの解明は非常に重要であると考えている。その分子メカニズムを理解したい。

DNA修復に欠損を持つヒト遺伝子疾患の病態解析(特に早老症に関して)

DNAの突然変異は加齢とともに増加する。代謝の低下と変異の蓄積量とは負の相関があり、遺伝子が環境のストレスに耐えきれなくなることが老化の一因ではないかという仮説が存在する。実際、遺伝性の早老症は、DNA修復の欠損が原因であるものが多い。そこで、遺伝子の恒常性と老化との関連性について検証を行い、老化の原因となる遺伝子突然変異の蓄積機構を明らかにしたい。

医工連携に関する開発研究

医療機器開発の支援や研究を実施し、大分県を中心とした九州地区の医療機器関連産業の育成を目指している。これまでの研究分野である分子生物学領域や生物物理科学領域で、医療機器開発に貢献できる分野を見出し、その研究に従事している。

研究者情報

その他の研究内容

ページ最上部へ