海外展開への協力

大分大学は東九州メディカルバレー構想事業の一環としてアジアに貢献する拠点づくり事業に取り組んでいます。臨床医工学センターでは、日本の優れた医療技術を国内外、特にアセアン諸国の医療技術者に指導するとともに、人材交流の拠点を設置する支援事業に協力します。

大分大学の海外展開活動

2012. 3
東九州メディカルバレー構想海外プロモーション(ベトナム)
2012.11
透析技術ネットワーク開発計画「ニーズ調査」タイ、インド、南アフリカ
2013. 5
アジア諸国(8ヵ国)政府高官,外務省,JICA
2013. 6
海外有識者招聘事業 (JETRO)
2015. 1
タイ ラチャウィティ病院(保健省直轄) 大分大学と包括的協定
2015. 4
JICAアドバンス内視鏡手術普及事業
2015. 8
タイ マヒドン大学との学術交流協定
2015. 8
タイ マヒドン大学 シリラート病院に海外事務所を開設
2016. 7
JICA中小企業海外展開支援事業 タイ バンパエロ病院研修受け入れ
2016.11
NCGM国際展開推進事業 タイ タマサート大学学生研修受け入れ

今後の展開

AOTS事業
タイ マヒドン大学シリラート病院
2020新病院建設へ向け支援
JETRO事業
タイ、マレーシア、ベトナム、ミャンマーの民間病院における先進医療導入と日本型透析医療導入への支援と消化器内視鏡の展開
AOTSアドバンス内視鏡手術普及事業
タイへの専門家派遣、大分大学への受け入れ、内視鏡のトレーニング
HIDA 事業 「タイ日本式血液浄化療法普及促進事業」
専門家派遣および受入れ研修、アフェレーシス療法の専門家派遣、大分大学への受入研修、講義の実施

その他の活動内容

ページ最上部へ