3Dプリンタ

「ものづくり工房」内3Dプリンタをご利用頂けます。

臨床医工学センター「ものづくり工房」内に3Dプリンタを設置しています。3Dプリンタを利用して、医療・福祉機器開発における試作品、臨床現場でのトレーニングや教育に必要な模型などの造形物を作ることができます。
学内者・学外者問わず、医療・福祉関係の方、皆様の研究開発にどうぞご利用ください。
※ご利用方法・申請方法などは以下をご確認ください。

利用方法

利用内容

大分大学医学部附属病院内に設置した3Dプリンターを使用し、医療・福祉機器開発、診断・治療法開発、および基礎研究のための、試作品、器具等の造形作業を行うために、以下の利用対象者が製作した三次元CADデータの造形を行うものとします。

利用対象者

学内者、学外者を問わず、医療・福祉機器開発、診断・治療法開発、およびそのための基礎研究に携わる、医療従事者、企業技術者、研究者、学生を対象とします。

利用料金

本機器の利用については、無料です。

利用時間

原則、平日の午前9時から午後5時までです。

利用申請

「3Dプリンタ利用申請書」に記入の上、三次元CADデータと共に、臨床医工学センターへ提出しなければならない。臨床医工学センターが造形を行い、完成品を渡すこととします。

利用条件・注意事項等

以下の利用規定をご確認ください。

ページ最上部へ