大分大学医学部附属病院   災害対策室

     Anti-Disaster Measures Room, Oita Univerisity Hospital

災害対策室について

Anti-Disaster Measures Room

 

災害対策室は、平成25年4月1日に、国立大学法人大分大学危機管理規定に基づき、地震等の大規模災害に対する予防措置を講じるとともに、災害応急対策の迅速かつ的確な実施を図るために、大分大学医学部附属病院に設置されました。本院の防災体制の構築およびライフラインの確保、防災訓練及びトリアージ訓練の実施、災害医療支援、被災地における救援および救護活動、災害備蓄品、BCP(事業継続計画)などに関する業務を行います。また、DMAT活動の管理、支援を行っています。国立大学附属病院災害対策相互訪問事業計画に参加して、災害対策能力の底上げ、災害対策の標準化、災害対策意識の向上、情報の蓄積および共有、ブロックごとの災害対策や情報共有などを推進しています。

 

The anti-disaster Measures Room was established at Oita University Hospital in April 2013, to measure large-scale disaster such as earthquake. We treat establishment of disaster measures, secure life line, training of protection against disasters and triage, disaster medical supports, relief activities, disaster stockpile, and business continuity plan. And also manage and support Disaster Medical Assistance. According to the National University Hospital disaster measures reciprocal visits project, we propel contribution and standardization of disaster measures, and storage and common ownership of informations.

 

 

 

 

更新状況

2017年11月14日

傷病者役急募 傷病者役が不足しています。

2017年11月9日

多数傷病者受入訓練(11月17日)に合わせてシェイクアウト訓練を行います。バナーをクリックしてください。

2017年10月30日

平成29年度多数傷病者受入訓練用のサイト(学内専用)を作成しました。

役割分担表(学内専用)を更新しました。

2017年10月26日

役割分担表を更新しました。

2017年4月3日

災害対策マニュアル(案)を更新しました。

2017年3月20日

防火マニュアルを更新しました。

2017年3月8日

災害対策室のホームページをリニューアルしました。

お知らせ

2017年3月9日(木)に防災訓練を行います。

説明会は3月3日(金)の予定です。

問い合わせ先

 

Copyright (C) 2016 Anti-Disaster Measures Room, Oita University Hospital, Oita University, Faculty of Medicine