※ 第42回医大ケ丘研究会は終了しました。

  次回は、平成29年6月に開催予定です。

開催日時 平成29年 2月14日(火) 17:30~18:30  
会   場 研究棟1階 会議室    
   

1) 竹林 兼利 (産婦人科学学講座)

抄録

座長:後藤 孔郎
(内分泌代謝・膠原病・腎臓内科学講座)

「子宮内膜症の病態形成におけるmiR-100の発現亢進の意義 」

2) 飛彈野真也  (感染予防医学講座)

抄録

座長:山田健太郎
(微生物学講座))

「トキソプラズマ脳炎におけるアストロサイトの感染防御機構の解明 」

今年度入学生からカリキュラムが大幅に変わりました。
基礎では2年次生の4月から解剖学、生理学、生化学、利用英会話が同時に始まります。
解剖学で心臓の解剖をしている時に心電図などの電気整理の勉強ができ、リレーでなく並走で今まで以上のより効果的
な教育体系が確立されると期待しています。
研究においても自講座のみに留まらず、関連した研究チームが一緒になると大幅なスピード・グレイドアップできると
思います。
今回初めて感染予防医学講座からの発表です。多くの聴衆が参集されることを期待しています。
また教員・院生を問わず皆さんからの演題応募をお待ちしています。

平成28、29年度世話人 藤倉 義久(分子解剖学)