医学情報センター 医学情報センター

ホーム > 学内LAN・インターネットの利用 > 複合機・プリンタ等の適切な設定について

学内LAN・インターネットの利用
電子メール
グループウェア (Global)ファイルサーバ
学生用パソコン・プリンタホームページ用サーバ
その他のサービス
センター概要
リンク

 複合機・プリンタ等の適切な設定について



学内LANに接続する複合機等のセキュリティを確保し,また学内LANへの悪影響を防止するために,適切な設定ルールを定めますので,これに従って設定してください. 設定を業者に委託する場合も,このルールに従って設定するように,業者に指示してください,


1.学内LANに複合機等を接続するときには,機器の管理者が端末接続申請を出し,許可を得ること

  • IPアドレスは,自動取得とすること.起動時に,自動的に,医学情報センターから交付されたIPアドレスを取得する.

2.機械管理者のパスワードを,工場出荷時に設定されているものから,強固なパスワードに変更すること

3.機器の製品のホームページを確認し、ソフトウェア(ファームウエア)を最新の状態に更新すること

4.機器の管理者,講座名等,設置場所を設定すること

5.機器の管理画面へのアクセスを,必要なIPアドレスのみに制限すること

6.機器にアクセスするユーザを登録された者だけに限定する設定をすること

  • 機器の状態表示
  • ログの表示
  • 共有フォルダ

7.次の機能は,学内LANに悪影響を与えるので,無効にすること

  • DHCPサーバ
  • 無線機能(医学情報センターから特に許可を受けた場合を除く)
  • メール受信
  • スキャンデータのメール送信

8.次の機能は,学内LANのポリシーに反するので,無効にすること

  • ルータ機能

9.工場出荷時に有効に設定されている機能のうち,使わない(知らない)機能は,無効にすること

  • IPv6
  • IP-ファクスゲートウェイ
  • LDAPサーバによるユーザー認証
  • IPP
  • SNMP
  • IPSec
  • S/MINE
  • SOAP
  • Kerberos
  • CSRF
  • UUID

10.次の機能は,適切な設定すれば使ってもよいが,適切な設定変更をしていない場合は,無効とすること具体的な設定容については,医学情報センターに問い合わせること

  • WebDAV
  • エラー,機器の状態などのメール送信
  • スキャン画像のURLリンクを送信する
  • スキャンデータのSMB送信
  • スキャンデータのFTP送信
  • 共有フォルダ(パスワードの設定)
  • ファイルの同期(パスワードの設定)

11.機器の設定や稼働状況についての医学情報センターからの問い合わせや調査に応じること

12.このルールに従わない場合は,接続許可を取り消すことがある.