次世代医療機器連携拠点整備等事業に採択されました

大分大学は、国立研究開発法人日本医療研究開発機構(AMED)の補助事業である「次世代医療機器連携拠点整備等事業」に採択されました。平成26年度より5年間実施した「国産医療機器創出促進基盤整備等事業」の成果を活用しつつ、医療機器を開発する企業の人材育成拠点を増やし、更に各医療機関ならではの特色を活かした、医療機器産業の振興につながる魅力あふれる拠点を整備することを目的としています。
大分大学では、臨床医工学センターの穴井が事業責任者となり、全国14拠点とともに今年度から5年間活動してまいります。
ページ最上部へ