挾間キャンパス
  • 大分大学医学部支援基金
大分大学医学部へのご支援のお願い
  • 大分大学医学部長

    山岡𠮷生

  • 大分大学医学部附属病院長

    三股浩光

大分大学医学部の前身である大分医科大学は、昭和51年に新設医科大学として創設され、平成15年には旧大分大学と統合し大分大学医学部となり、現在まで3,682名の医学士、1,574名の看護学士を輩出しております。

大分は、我が国における西洋医学の出発点です。1557年にポルトガルの宣教師で医師でもあったルイス・デ・アルメイダが、府内(現在の大分市)に日本で最初の洋式病院を建て、日本初の西洋式外科手術を実施しました。さらに医学校も併設し、西洋医学教育が行われました。このような医学の歴史に深いゆかりのある大分の地に設立された大分大学医学部においては、「最新の学術を教授・研究し、高度の医学及び看護学の知識と技術並びにそれらの本義を見失わない道徳観と、それを支える豊かな教養を身に付けた医療人及び研究者を育成し、もって医学及び看護学の進歩、国民健康の維持増進、さらに医療・保健を中心に地域及び国際社会の福祉に貢献する。」ことを理念に掲げ、地域の皆様のご支援を受けながら、倫理観と高い能力を持ち合わせた医療人育成、国際的にも評価の高い研究開発、地域の皆様への高度な医療の提供に邁進して参りました。

医学部においては、令和8年(2026年)に節目の創立50周年を迎え、附属病院では令和3年(2021年)に開院40周年を迎えるにあたり、「地域に根差し」、「世界を目指す」大学として一層の発展を遂げるため、「未来志向型医療人材の創出」をスローガンに掲げ、医学部創立50周年記念事業及び附属病院開院40周年記念事業を計画いたしました。

本事業においては、基金を創設し、次の世代へより充実した教育、研究環境を提供するとともに、地域への貢献にも活用していく所存です。

大分大学医学部創立50周年記念事業及び附属病院開院40周年記念事業に対する、皆様方の格別のご支援を賜りますようお願い申し上げます。


基金を活用した取組事業の紹介

~医学部創立50周年・附属病院開院40周年記念事業~


【新学科の設置に伴う環境整備】

令和5年(2023年)医学部に新学科を設置することを目指しています。

最先端医療を支える人材や医療政策・病院経営に通じた人材の育成を通じ、「地域の知の拠点」としての大学の機能の強化を図り、新型コロナウイルスなど将来も起こりうる感染症に立ち向かうための基盤・体制づくりを目指すにふさわしい環境を整備します。


【挾間キャンパス環境再整備事業】

挾間キャンパス(医学部及び附属病院)内の、ストリートファニチャー、掲示板等のキャンパス・アメニティの整備(現状の見直しや新たに整備する等)により快適で安心な病院、医学部医学科の学生や看護学科の学生等、活気あふれるキャンパスを提供します。


【記念式典の実施、記念誌の発行】



ご寄附単位
  • 【個人】
  • 一口 10,000
  • 【法人、団体、企業】
  • 一口 50,000

寄附金のお申込み方法
  • 寄附金お申し込みページからご寄附いただけます。
  • クレジットカード・コンビニ・Pay-easyをご利用いただけます。
  • 振込用紙のご利用を希望される方・遺贈により寄附いただく場合は、下記事務局までお問い合わせください。
  • 【事務局】
  • 大分大学医学・病院事務部経営戦略課外部資金係
  • 【お問合せ先】
  • 〒879-5593 大分県由布市挾間町医大ケ丘1-1
  • 【お問合せ時間】9:00~12:00 13:00~17:00
  • (土日祝日 年末年始(12月29日~1月3日)を除く)
  • 【TEL】097-586-6327、6325
  • 【E-mail】igaku-kikin@oita-u.ac.jp

税制上の優遇措置

【個人からのご寄附】

  1. 所得税の優遇措置
    • 所得控除(所得税法第78条第2項第2号)
    • 寄附された年の所得金額から控除を受けることができます。
    • 所得金額に対して寄附金額が大きい場合、減税効果が大きくなります。
    • 寄附金控除額寄附金合計 - 2,000円
    • ※控除の対象となる寄附金額は、総所得金額等の40%が上限です。
  2. 個人住民税(県民税・市町村民税)の寄附金税額控除(地方自治体の条例)
    • 寄附された翌年の1月1日に大分市・由布市にお住まいの方は県民税及び市民税が、それ以外の大分県市町村にお住まいの方は県民税の寄附金税額控除をを受けることができます。
    • 税額控除額 =( 寄附金合計 - 2,000円 )×( 4%【県民税】 + 6%【市町村民税】)
    • ※控除の対象となる寄附金額は、総所得金額等の30%が上限です。
  3. 相続税の優遇措置(租税特別措置法第70条第1項)
    • 遺贈によるご寄附の場合、被相続者の相続税からその金額が非課税となります。

【法人の皆様】

  • (法人税法第37条第3項第2号)全額損金算入が可能です。

【領収書の発行】

  • 領収書のご郵送は、2カ月から3カ月程度要しますので、ご了承ください。

ご厚志に対する主な謝意

ご寄附いただいた皆様には、お礼状の送付をはじめ、希望される方にはご芳名の大分大学医学部ホームページへの掲載などによりご厚志に対する感謝の意を表し、末永く本学部の歴史に刻ませていただきます。

また、医学部の活動報告等のご案内を希望される方にはメール等にてお知らせいたします。


【個人の方でご寄附いただいた場合

*** 銘板について ***

3万円以上ご寄附いただいた方にお名前を銘板に記し、大分大学医学部に掲示させていただきます。
  • ゴールド色銘板
    30万円以上
  • シルバー色銘板
    20万円以上
  • ブロンズ色銘板

    (大)10万円以上

    (中)5万円以上

    (小)3万円以上

 

【法人の方でご寄附いただいた場合

*** 銘板について ***

50万円以上ご寄附いただいた方にお名前を銘板に記し、大分大学医学部に掲示させていただきます。
  • ゴールド色銘板
    200万円以上
  • シルバー色銘板
    100万円以上
  • ブロンズ色銘板
    50万円以上