教授あいさつ

消化器内科のジェネラリストをめざそう!

P6030026.JPG 大分大学附属病院消化器内科では消化管疾患・肝臓疾患・膵胆道疾患の消化器病全般に対しての診断、治療および教育、研究を行っている内科です。内視鏡検査、X線検査を用いた病変の早期発見、および超音波内視鏡、カプセル内視鏡などを加えて、より質の高い診療に努めています。大学内だけではなく、大分県内の多くの関連病院や関連の健診施設と連携をとって診療、教育、研究にあたっています。
 主な診療、教育の具体例として、①上下部消化管内視鏡の基本的手技・診断およびESDをはじめとする内視鏡治療、②ERCPの基本的手技・診断および胆石・膵石をはじめとする胆・膵のESTを含む内視鏡治療、③炎症性腸疾患などの消化管領域の疾患に対する診断・薬剤治療、④ウイルス性肝炎の治療や肝癌のRFAなどがあげられます。これらの領域を高いレベルで診療を行い、また若手医師は研修することにより、消化器内科領域における緊急・重症患者管理、消化器慢性疾患患者に対する診断・治療に関する専門的な知識と技術を修得することを目指しています。
臨床研修の特徴として、領域をなるべく細分化せず、消化器内科医としてオールマイティな実力を得られるように教育を行っています。例えば、ESDとESTができる医師を育成したいと考えています。さらに、チーム医療・安全管理に対する基本的姿勢、更患者・家族に対する医師の態度・考え方を修得することも目的としています。
 また、学会活動に積極的に参加することにより最新の知見を自ら学び、プレゼンテーションを行うことを奨励しています。さらに、毎年国際学会での発表や英文一流誌への論文報告が行われています。これらはバランスの良い消化器病専門医を養成するうえでとても大切なことと考えています。

 私達は毎年多くの研修医の先生を受け入れ他の診療科と密に連携し、一般医として、また消化器疾患専門医として実力のある医師を育てたいと考えています。多くの若い力をお待ちしています。

消化器内科学講座
教授 村上 和成




大分大学医学部 消化器内科 
TEL:097-586-6193 (直通)
FAX:097-586-6194
E-mail:shoukakioita-u.ac.jp
担当者:医局長 本田 浩一