大分大学卒後臨床研修センター

ホーム > 初期研修 > ベスト指導医賞

ベスト指導医賞

ベスト指導医賞とは、研修医の指導についやしていただいた時間や、研修医からの投票、また、メンターをしていただいた等を

総合的に評価して決定し、感謝の意味を込めまして半期に一度表彰をさせていただきます。


立山先生

2021年度下期表彰

耳鼻咽喉科・頭頸部外科 立山 香織 先生

【受賞者 立山先生のコメント】

ベスト指導医賞、とても嬉しく思います。耳鼻科を選択し研修してくれた先生、とても良い視点をお持ちだと思います!研修医が経験すべき疾患に含まれる急性上気道炎の中には、見逃すと死に至る可能性のある、急性喉頭蓋炎や扁桃周囲膿瘍が潜んでいます。これらの疾患は大学で遭遇する頻度が高く、一度見たら忘れません。また外来診療や手術で毎日のように内視鏡で鼻腔から咽喉頭所見を見ることで、挿管や経鼻胃管挿入、吸引に際して理解が必要である上気道の構造がしっかり把握できます。 今後とも、選択してくれた研修医の糧になるような指導を医局のドクターみんなで行っていきたいと思います。



鍋田先生

2021年度上期表彰

高度救命救急センター 鍋田 祐介 先生

【受賞者 鍋田先生のコメント】

この度は「ベスト指導医賞」という大変名誉な賞をいただきありがとうございます。母校の大分大学医学部附属病院で勤務し、救急科研修中の研修医の先生だけでなく、当直・日直などで様々な研修医の先生達と接することは自分にとっても刺激になりました。自分が研修医時代と比較してここ数年は明らかに当院での研修医数は増えており、卒後臨床研修センターの先生方・スタッフの方々の活動の賜物だと思います。今後研修医の先生方も色々な診療科を研修し、専攻医に進まれると思いますが、その時は大分での後輩(研修医)を沢山指導して、可愛がってあげてください。


大地先生

2020年度下期表彰

麻酔科 大地 嘉史 先生

【受賞者 大地先生のコメント】

この度は、栄えある第一回のベスト指導医賞を頂戴し、まことに光栄に思います。当講座では以前より、教育を大学に勤めるものの使命の一つとして取り組んできました。その成果の一端が今回の結果につながったのだと考えると、この栄誉は麻酔科学講座の皆で頂いたものだと思います。研修医の先生達に十分な指導ができたとは到底言えませんが、このように評価していただくことで、私も先生達と共に少しは成長できたのではないかと考えると嬉しく思います。この度は、本当にありがとうございました。

ページのトップへ戻る