医学部長挨拶

医学部について

医学科

看護学科

講座案内

研究業績目録

医学系研究科トップ

入口
トップ > 医学部について
人の心を見つめる医の人を養成

 本学部には、医学科と看護学科があり、医学科においては、患者の立場を理解し、全人的医療ができ、豊かな教養と人間性、高度の学識、生涯学習能力、国際的視野を備えた医師を育成することを、 また、看護学科においては、人々が心身共に健康な生活を営めるよう、適切な看護を行うことができる専門的知識と技術の修得を促し、看護学の発展と地域住民の保健・医療・福祉の向上、ひいては国際社会への貢献ができるよう、豊かな人間性を備えた人材を育成することを目指している。


カリキュラム改革

 両学科ともカリキュラム改革に努め、医学科においては,医学の急速な進歩に対応すべく、従来の体系的教育方法から脱却した臓器別、機能別に統合した授業科目の編成、 PBL(問題提起型)チュートリアル教育の開始など抜本的改革を行い、看護学科においても、基礎科目、専門基礎科目,専門科目の有機的統合が図られるとともに,臨床で役立つ看護教育を 目指して、臨地実習においても「看護」の理解を深める工夫がなされるなど、様々な改革が進行中であり、改善を重ねている。


理 念

 本学部は、最新の学術を教授・研究し、高度の医学及び看護学の知識と技術並びにそれらの本義を見失わない 道徳観と、それを支える豊かな教養を身に付けた医療人及び研究者を育成し、 もって医学及び看護学の進歩、国民健康の維持増進、さらに医療・保健を中心に地域及び国際社会の福祉に貢献する。
 また、「患者本位の最良の医療」を基本理念とし、高度先進医療の開発と提供及び倫理観豊かな医療人の育成により地域社会の医療・福祉の向上に貢献する。


概 要

医学部・医学系研究科、附属病院概要・・・ PDFファイル