医学科について

教育理念

医学に関する最新の学術を教育・研究し、高度の医学の知識並びに技術、そしてこれらを支える高い倫理観と豊かな教養・人間性を備えた医師及び医学研究者を養成し、これら学問の進歩、国民の健康の維持増進、医療・保健を中心に地域や国際社会の福祉に寄与する。

教育目的

患者の立場を理解した全人的医療ができるよう、豊かな教養と人間性、高度の学識、生涯学習能力、国際的視野を備えた人材を育成することを目的として実践的な医学教育を行う。

研究目的

社会の医学・医療に対する多様な要望に応えるため、生命現象の基礎的研究、及び健康の維持・増進、疾病の治療、克服に寄与する独創的、先導的研究を学内の他領域との連携で推進する。さらに、予防医学の重要性に鑑み、保健・衛生分野の研究を促進する。もって、これらの成果を地域及び国際社会に還元し、保健・医療・福祉の向上に貢献する。

研究棟
研究棟

3つのポリシー

大分大学医学部 卒業認定・学位授与の方針

(DP:ディプロマ・ポリシー)

患者の立場を理解した全人的医療ができるよう、豊かな教養と人間性、高度の学識、生涯学習能力、国際的視野を備えた人材を育成することを目的として実践的な医学教育を行う。本学科は、この教育目標を踏まえ、学士課程を通じて以下に示す資質、知識や能力を修得した学生に対して、学位を授与する。

  1. 専門的知識・技能の活用

    疾病に関する基礎的・臨床的知識を身につけ、疾病予防や診断、治療方法の改善、原因や病態の解明・向上に貢献できる。

  2. コミュニケーション能力

    コミュニケーション能力と協調性並びに指導力を備え、チーム医療の実践ができる。

  3. 創造的問題解決力

    科学的根拠に基づいた論理的思考と科学的に実証する方法論を身につけている。

  4. 社会的責務と倫理

    幅広い教養と高い倫理観・責任感を備え、個人の生命や健康、権利、尊厳を守り全人的医療が行える。

  5. 地域発展・人類福祉への貢献

    広い視野から医療や保健・福祉の問題を理解し、地域社会はもとより国際的にも活躍、貢献できる。

  6. 生涯学習力

    問題発見・解決型の効果的な自学自習の習慣を実践でき、最新の医学知識や技術を習得するための生涯学習能力を備える。

大分大学医学部 教育課程編成・実施の方針

(CP:カリキュラムポリシー)

医学科は、広く教養を学び知識の調和を保ち、総合的、自主的な判断力を養い、厳しい訓練を通じて人間の生命の尊厳に対する自覚を培い、21世紀の医学と医療の担い手として6年間で知識と技術を習得するために、以下の方針で教育課程を編成・実施する。

  1. 「教養教育」では、医師としての基本的な教養や倫理観、豊かな人間性を育てる。国際的にも活躍できるよう6年間継続した医学英語教育を実施する。
  2. 「専門教育」では、「医学教育モデル・コア・カリキュラム」を完全実施出来るカリキュラムを構築する。「基礎医学」では医学に必要な基礎的知識と技能を身に付け、「臓器別コース」では基礎と臨床を機能別に統合した力リキュラムを導入し、問題解決型学習法(PBL、チュートリアル教育)や、チーム基盤型学習(TBL)を取り入れ、問題解決能力や自己学習習慣の習得を図る。
  3. 「研究室配属」では、本学あるいは国内外の研究施設で研究に従事し、科学的論理的思考やリサーチマインドを涵養する。
  4. 「臨床実習前導入教育」では、臨床実習にとって必要な診察手技、診断学などの講義・実習を行い、学習によって到達した知識、技能を医療系大学間共用試験(CBT、OSCE)で検証した上で、総括的評価に合格した学生が臨床実習に参画できることとする。
  5. 「臨床実習」では、診療参加型実習(クリニカル・クラークシップ)を実施する。さらに、地域医療に貢献する能力を身につけることを目的とした地域医療学実習、救急車同乗実習を行う。

大分大学医学部 入学者受け入れの方針(AP:アドミッション・ポリシー)

アドミッション・ポリシー(大分大学)

基本理念

医と看護に関する最新の学術を教育・研究し、高度の医学及び看護学の知識並びに技術、そしてこれらを支える高い倫理観と豊かな教養・人間性を備えた医師或いは看護師・保健師、更には医学、看護学研究者を養成し、これら学問の進歩、国民の健康の維持増進、医療・保健を中心に地域や国際社会の福祉に寄与することが基本理念です。

教育の目標(医学科)

患者の立場を理解した全人的医療を行い、豊かな教養と人間性、高度の学識、問題解決能力、生涯学習能力及び国際的視野を備えた医師や研究者を養成します。


求める学生像(医学科)
  1. 医師として人の健康と福祉及び科学の進歩に貢献したいという確固たる決意を持っている人
  2. 患者の痛みを分かち合い、患者に対する思いやりに満ちた温かい心を正しく体得しようとする志を持っている人
  3. 日進月歩の医学・医療に対応する知識と技術を修得するため、たゆまぬ努力と地道な研鑽を重ねることができる持続力と忍耐力を持ち合わせている人
  4. 他者の意見を良く聞き、協調して物ごとを進めることができる社会性とコミュニケーション能力を備えている人
入学者選抜の基本方針

前述の「求める学生像」にふさわしい学生を選抜するために、医学科では一般入試とアドミッション・オフィス入試を、看護学科では一般入試と推薦入試を実施し、それぞれの選抜の趣旨に従って、多様な観点から受験者の学力や資質を評価しています。また、医学科では医学以外の大学在学者・卒業者を対象に2年次編入学を、看護学科では社会人を対象とした入試や、看護系短期大学・専修学校の卒業者等を対象とした3年次編入学を実施しています。

各選抜試験で重視する観点(医学科)

教育到達目標(アウトカム)

大分大学医学部医学科 卒前医学教育アウトカム

Ⅰ.プロフェショナリズム

  • Ⅰ-1.医師として広く社会に貢献する使命感と責任感をもつことができる。
  • Ⅰ-2.医療倫理・研究倫理を理解し、倫理的原則に基づいて行動することができる。
  • Ⅰ-3.医療者としての法的義務を理解し遵守することができる。
  • Ⅰ-4.患者・患者家族の意思と尊厳を尊重し、誠実かつ利他的に行動することができる。
  • Ⅰ-5.生涯にわたり自己能力向上のために学習し研鑽することができる。
  • Ⅰ-6.後進を教育し指導することができる。

Ⅱ.患者および医療チームマネージメントとコミュニケーション

  • Ⅱ-1.患者と患者家族に対して傾聴・共感・支持的態度を示し、心理・社会的背景を考慮した診療が実践できる。
  • Ⅱ-2.患者・患者家族・医療チームのメンバーと信頼関係を築いて診療することができる。
  • Ⅱ-3.医療・福祉スタッフと情報交換、情報共有ができ、チームの一員としての役割を果たすことができる。
  • Ⅱ-4.チーム医療におけるリーダーシップの在り方を理解し、行動することができる。
  • Ⅱ-5.英語により、医学・医療における情報を入手し発信できる。

Ⅲ.医学および関連領域の基本的知識の修得

  • Ⅲ-1.身体の正常な構造と機能を説明できる。
  • Ⅲ-2.ライフサイクル(誕生、発達、成長、老化、死)を説明できる。
  • Ⅲ-3.患者の行動、精神、心理を説明できる。
  • Ⅲ-4.病的状態における構造と機能の異常を説明できる。
  • Ⅲ-5.疾病の病因・病態生理を理解し、診断、治療原理を説明できる。
  • Ⅲ-6.医療安全の重要性を理解し、医療事故の予防と対処を説明できる。

Ⅳ.基本的臨床能力

  • Ⅳ-1.患者から正確に情報収集を行うことができる。
  • Ⅳ-2.身体診察と基本的検査・治療手技を適切に実施できる。
  • Ⅳ-3.頻度の高い疾患の診断を行い、適切な治療計画を立てることができる。
  • Ⅳ-4.医療文書を適切に作成し、症例提示ができる。
  • Ⅳ-5.Evidence-based medicine(EBM) を活用し、安全な医療を実施できる。
  • Ⅳ-6.インフォームドコンセントに基づく患者の意思決定の支援と患者教育に参加できる。

Ⅴ.予防医学と健康増進

  • Ⅴ-1.保健・福祉に関する問題を評価でき、地域や国際社会の疾病予防・健康増進の活動に参加できる。
  • Ⅴ-2.保健・医療・福祉に関する制度・職種・施設を理解し、それらとの連携ができる。
  • Ⅴ-3.地域の医療現場でプライマリ・ケアを含む診療を実践できる。

Ⅵ.科学的妥当性判断および探求能力

  • Ⅵ-1.科学研究を体験し、基礎・臨床・社会医学の根拠となる科学研究の意義を理解できる。
  • Ⅵ-2.科学研究の新しい成果に基づく医療の進歩を説明できる。
  • Ⅵ-3.課題を能動的に発見し、論理的に考え、その解決に取り組むことができる。

 

医学科のカリキュラム(教育課程)

医学科では、少人数のグループに分かれ、課題に対して自ら問題点を見出し、討論を重ねて解決していく問題解決型学習法(PBL、チュートリアル教育)を取り入れています。また、臓器別に基礎医学、臨床医学、社会医学のすべての領域を学んでいく臓器別コースを設け、臓器別、機能別に統合した統合カリキュラムを採用しています。

この統合カリキュラムの採用により、臓器別、機能別に統合PBLを実施することにより、『医学教育モデル・コア・カリキュラム』の完全実施体制が整っています。

講義棟
講義棟

医学科修学期間と医学教育モデルコアカリキュラム対応図(平成28年度入学生より)

対応図


クリニカル・クラークシップの導入

医学科では、第4年次後学期から68週間の「クリニカル・クラークシップ(診療参加型実習)」を採用した臨床実地修練を開始しています。これは実践的な医師の養成を目的としています。

医学生が診療に参加するための条件として、共用試験の実施が掲げられています。この試験は、知識を評価するための試験(Computer Based Testing<CBT>)と、臨床技能と態度を評価するための客観的臨床能力試験(Objective Structured Clinical Examination<OSCE>)から成ります。

その他、地域医療の現状を学習することを目的とした救急車同乗実習なども取り入れています。