医学系研究科(大学院)

博士課程 医学専攻

教育目的

医学研究者・教育者及び診療能力の高い臨床医育成を主眼とし,それぞれの専攻分野について自立した研究者として活動を行うに必要な高度の研究能力とその基礎となる豊かな学識を養う。さらに,生命科学や医療・福祉などの広領域において,関連する他の研究科との連携を強化する。

博士課程は基礎研究領域,臨床研究領域及びがん研究領域から構成され,それぞれ基礎医学的,臨床医学的及び腫瘍医学的側面から研究を実施する。

修士課程 医学専攻

教育目的

医療全般にわたって広い視野と高い見識を持ち,優れた指導力を持った教育者,研究者及び国際社会に貢献できる人材を育成する。

医科学専攻

教育目標

医療人として以下の資質を備えた人材を育成する。

  1. 医学の基本的知識や研究手法を理解,吸収し,各自の専門領域の研究や技術に応用し,新しい発想の研究や技術開発に貢献する人材。
  2. 近年の医学・医療を取りまく状況を理解し,地域の全ての住民が健康で幸福な生活を享受できるよう,新たな視点で保健,医療,福祉等の問題解決に貢献する人材。
  3. 医学と各自の専門領域の融合を図り,健康推進に関連する産業界の活性化に貢献する人材。
  4. 豊かな人間性や指導力をもった教育・研究者として自立し,医学系研究科博士課程等への進学を目指す人材。

看護学専攻

教育目標

医療人として以下の資質を備えた人材を育成する。

  1. 看護理論を各専門領域の看護実践に応用することができる人材。
  2. 看護実践及び看護管理に関する高度な専門知識と技術を発揮することができる人材。
  3. 保健・医療・福祉の専門職との連携において,看護専門職としての意思決定及び主体的に行動できるとともに,指導力を発揮することができる人材。
  4. 看護教育の理論と実践に関する高度な知識と技術を修得し,優れた教育活動を実施することができる人材。
  5. 看護理論の検証や看護技術の開発,検証を行い,実践に応用することができる人材。
  6. 複雑かつ多様な人々の健康問題に柔軟に対応し,学術的及び国際的に活躍することができる人材。

リンク