アドミッションポリシー
風景
 
トップ > アドミッション・ポリシー

研究科長挨拶

アドミッションポリシー

がんプロフェッショナル養成プラン

在学生へ

博士課程医学専攻

修士課程医科学専攻

修士課程看護学専攻

提出書類

学位申請について

在学生へ

入試案内

論文博士の申請について

証明書交付等について(大学院修了生の方)

研究生/科目等履修生について

その他

研究不正について

ポリシー
  • アドミッション・ポリシー
  • カリキュラムポリシー
  • カリキュラムポリシー
  •  
    大分大学大学院医学系研究科 入学者受け入れの方針
    AP:アドミッション・ポリシー

    基本理念

    複雑化・高度化する医学・医療の分野で,常に最新の学術を教授・研究し,高度の医学及び看護学の知識と技術並びにそれらの本義を見失わない倫理観と,それを支える豊かな教養を身につけた教育・研究者及び医療人を養成し,もって医学及び看護学の進歩,国民の健康の維持増進,更に医療・保健を中心に地域及び国際社会の福祉に寄与することが基本理念です。


    教育の目標

    修士課程

      優れた指導力を持った教育・研究者,医療人及び技術者を育成するため,理論的・実践的教育を通じて,医学・医療の諸問題に対処できる判断力と問題解決能力の涵養を図ります。

      (医科学専攻)

      体系的・集中的な教育により,医学以外の専門知識を備えた人材に,それぞれの専門分野と融合した新たな医学に関わる教育・研究分野や技術を創出できる研究者の養成を目指します。

      (看護学専攻)

      社会や保健・医療・福祉の変化を見据え,看護の質向上を実現できる実践力を養い,看護実践・看護管理・看護教育の場でリーダーシップを発揮できる高度専門職業人を養成します。

    博士課程

      (医学専攻)

      豊かな学識及び人間性を持った人材を育成し,国際的に活躍できる自立した教育・研究者及び診療能力の高い臨床医を養成します。


    求める学生像

    修士課程

      (医科学専攻)

      1. 医学の基本的知識や研究手法を理解・吸収し,各自の専門分野の研究や技術に応用す ることにより新しい発想の研究や技術開発を志す人
      2. 近年の医学・医療を取り巻く環境を理解し,全ての人々が健康で幸福な生活を享受で きる社会の実現を目指し,新たな視点で保健,医療,福祉等の問題解決への取り組み を志す人
      3. 医学と各自の専門分野との融合を図り,健康増進に関連する産業界の活性化への貢献 を志す人
      4. 豊かな人間性や指導力を持った教育・研究者として自立し,博士課程への進学を志す 人

      (看護学専攻)

      1. 看護実践及び看護管理に関する高度な専門知識及び技術の習得を志す人
      2. 保健・医療・福祉の専門職との連携において,看護専門職として主体的行動ができ, 優れた指導力を発揮する能力を培うことを志す人
      3. 看護の理論と実践に関する豊富な知識と高度な技術を習得し,優れた教育活動の実施を志す人
      4. 看護理論の検証や看護技術の開発・検証を行い,実践に応用することを志す人
      5. 複雑かつ多様な健康問題について,柔軟に対応することができ,学術的・国際的に活躍することを志す人
    博士課程

      (医学専攻)

      1. 医学の分野において,国際的な舞台で活躍することを志す人
      2. 専門分野における高度な知識を吸収し,その整理・明確化を行い,問題点の発掘を行い, その本質を基礎医学,臨床医学,社会医学等の枠にとらわれない総合的・科学的観点から探究し,自らが設定した課題について研究を志す人
      3. 自らの研究成果について,国際的に評価の定まっている学術誌に公表し,積極的に評価を受けることを志す人
      4. 医学の進歩に貢献し,人類の健康について,維持・増進への取り組みを志す人
      5. 国民のがんに対する関心・意識の高まりに伴い,高度な教育・研究・診療能力を兼ね備えたがんプロフェッショナルを志す人

    入学者選抜方針

    修士課程

      (医科学専攻)

      前述の「求める学生像」にふさわしい学生を選抜するため,医学以外の学部出身者を対象に,近年急速な進歩により著しい発展を遂げた医学・医療の分野を多様な観点から捉え直す能力を求めます。
      そのため,各自の多様な専門分野と医学の分野との融合に関して明確な目的意識と基礎的知識及び柔軟な発想を求めます。

      この方針のもとに,入学者の選抜は,筆記試験及び口述試験の結果を総合して行います。

      (看護学専攻)

      前述の「求める学生像」にふさわしい学生を選抜するため,昼夜開講制を導入して看護職経験者を積極的に受け入れます。こうした志願者を含め看護学の更なる探究心と倫理観豊かな医療人としての素養を求めます。

      この方針のもとに,入学者の選抜は,筆記試験及び口述試験の結果を総合して行います。

    博士課程

      (医学専攻)

      前述の「求める学生像」にふさわしい学生を選抜するため,高度な専門的知識,技術及び能 力を求めます。また,これらを支える高い道徳観と豊かな人間性を備え,国際的・学際的に活 躍できる資質を求めます。

      この方針のもとに,入学者の選抜は,筆記試験及び口述試験の結果を総合して行います。

    ページのトップへ

    大分大学大学院医学系研究科 学位授与の方針
    DP:ディプロマ・ポリシー
    修士課程

      ( 医科学専攻 )

      大分大学大学院医学系研究科の修士課程を修了し,研究者として自立して活動しつつ高度な専門業務に従事するために必要な能力とその基盤となる学識を身につけ,以下の基準に該当する者に修士(医科学)を授与する。

      1. 医学以外の専門知識を基盤に,医学の基本的知識やその研究手法を修得し,新しい発想での研究や技術開発などを実践できる。
      2. すべての人々が健康で幸福な生活を享受できる社会を実現するため,医学と各自の専門分野との融合と発展を図れる。
      3. 高度の専門的職業人あるいは研究者としての専門的知識及び研究姿勢が身についている。

      ( 看護学専攻 )

      大分大学大学院医学系研究科の修士課程を修了し,高度な専門業務に従事するために必要な能力とその基盤となる学識を身につけ,以下の基準に該当する者に修士(看護学)を授与する。

      1. 看護実践・看護管理・看護教育の分野において自主的に研究課題を立て,その課題の探究に必要な基礎的研究能力を形成することができる。
      2. 専門領域の理論と実践に関する豊富な知識と高度な技術を習得し,幅広い視野からの柔軟な問題対応に必要な態度を身につけることができる。
      3. 保健・医療・福祉の専門職との連携において,看護専門職として主体的行動ができ, コーディネーターとして問題解決の調整に優れた能力を発揮することができる。
      4. 地域社会の健康問題の解決に看護職として率先して取り組み,多様化・国際化した看護活動の必要性をふまえ,看護支援方法の研究・開発を展開し,学術的な成果として社会に還元することができる。
    博士課程

      ( 医学専攻 )

      大分大学大学院医学系研究科の博士課程を修了し,研究者として自立して活動しつつ高度な専門業務に従事するために必要な能力とその基盤となる学識を身につけ,以下の基準に該当する者に博士(医学)を授与する。

      1. 基礎・臨床医学,及び生命科学における深い学識と高度な情報収集能力・分析能力および研究技術を備えている。
      2. 自らの研究歴あるいは臨床経験に基づいて,その学識・能力・技術を基盤に,自ら課題を見出し,それを解決・展開できる。
      3. 自らの研究成果を客観的に分析し,目的と背景・研究方法・結果・考察,さらに今後の発展の可能性について発表し討議することができると共に,その成果を欧文論文として発表する総合的な情報発信能力を有する。
      4. 科学的基盤に基づいて先端医療を理解又は実践することができる。
      5. 実験室や調査フィールドあるいは臨床の場における実践的な経験に基づいた,医学者としての研究者倫理を有している。
      6. 医学研究を通して人類の繁栄と福祉に貢献することができる。

    ページのトップへ

    大分大学大学院医学系研究科 教育課程の方針
    CP:カリキュラム・ポリシー

    大分大学大学院医学系研究科は,学位授与方針(ディプロマポリシー)に基づき,下記の方針により教育課程を編成し実施する。

    修士課程

      (医科学専攻)

      医学部・歯学部以外の学部教育を受けた学生に対して,医学・医療分野における基礎的,普遍的な知識をまず十分に理解させる。その後幅広い視野と新しい発想での研究や技術開発などを実践できるように専門知識を基盤とした研究を指導する。さらに修了後も医学研究科博士課程などでの研究が継続できるような一貫した指導体制をとる。

      1. 医学・医療領域での高度な知識・技術習得を目指せるような,研究ならびに体系的・集中的な教育を実施する。
      2. 高度先進医療やトランスレーショナルリサーチなど産学共同研究にも対応できる人材育成のための教育を実施する。
      3. 学際的,国際的な医学教育研究が実施できる人材育成のための教育を実施する。
      4. 社会人の就学を可能とするための昼夜開講プログラムを実施する。

      (看護学専攻)

      社会や保健・医療・福祉の変化を見据え,看護の質向上を実現できる実践力を養い,看護実践・看護管理・看護教育の場でリーダーシップを発揮できる高度専門職業人の養成を行うために,以下の教育課程を設定している。

      1. 学生個々の看護実践上の課題に応じた自由度の高いカリキュラムとして,それぞれの専門分野における高度な知識や技術,実践を習得できるような科目で構成する。
      2. 共通必修科目は,看護学の基盤となる科目を配置し,共通選択科目では,学生自身が持つ看護実践上の課題について探究できるよう,多彩な選択授業科目を編成する。
      3. 共通必修科目・共通選択科目を基盤に,学生自身が持つ看護実践上の課題から研究へと展開する研究遂行能力を学ぶために,指導教員のもとで研究方法について学ぶ体制を整える。
      4. 社会人の就学を可能とするため,昼夜開講プログラムを行う。
    博士課程

      (医学専攻)

      本学の基本理念「患者本位の最良の医療」に立脚した人間形成を基盤として医の倫理を体得し,高度な医学知識の修得を目標とした教育を実践する。医科学および生命科学領域において,高度な知識および科学的・論理的思考に基づき,独創性・創造性に優れた研究を遂行し,国際的にも活躍できる自立した研究者,および各診療分野で優れた臨床研究能力と先端的で高度な医療技能を備え,高い倫理観と研究心を持った臨床医を育成するカリキュラムを設ける。

      1. 高度な知識および科学的・論理的思考に基づいた研究遂行能力と高度医療に関する先端的・専門的な臨床研究を遂行できる能力が培われる課程を設置する。
      2. 大学院生ごとに1人の指導教員を置き,さらに副指導教員を置くことで複数指導教員制を選択できる指導体制とする。
      3. 3年次修了前後に,大学院生による公開の研究発表会を義務付け,研究の進捗状況を発表し,参加教員からの意見やアドバイスを受けて研究の取りまとめに資する。
      4. 社会人の就学を可能とするため弾力的なプログラムを設置する。

    ページのトップへ