大分大学医学部

教授

田仲 和宏

TANAKA Kazuhiro


研究紹介「染色体転座・融合遺伝子による発がんメカニズムの解明」

「がん」は様々な遺伝子の異常によって発生しますが、筋肉や骨などに発生する悪性腫瘍「肉腫」では、特異的な染色体の相互転座とその結果生じる融合遺伝子が発がん原因と考えられています。肉腫以外にも、白血病などの造血器腫瘍や肺がんなど様々な臓器のがんでも、同様の機構により発生する場合があります。そこで、染色体転座陽性のがんの代表である肉腫を題材として、染色体転座と融合遺伝子形成による発がんメカニズムの解明を目指しています。

これまでに、代表的な肉腫である「ユーイング肉腫」において、染色体転座t(11:22)の結果生じるEWSR1-Fli1融合遺伝子産物により、細胞周期のG1期チェックポイント機構が破綻することが発がん原因の一つであり、それに関わる因子が分子標的治療のターゲットになり得ることを報告してきました。また、非翻訳短鎖RNAであるmicroRNAのいくつかは、EWS-Fli1の下流で発現変化を受けユーイング肉腫の増殖や転移に関わっており、それらの発現を正常に戻すことで腫瘍の悪性形質を抑制できる可能性があることも明らかにしました。

さらに、そもそも染色体転座と融合遺伝子が何故発生するのか、肉腫発がんの根本的メカニズムについても検討を行っています。染色体転座が生じるにはDNAが2箇所で切断される必要がありますが、その際DNA二本鎖切断修復機構が正常に作動すれば染色体転座は起こらないはずであり、何らかの修復機構の異常が関与していると考えられます。DNA二本鎖切断修復機構には、相同組換えと非相同末端結合という2つの主要システムがあることが知られていますが、転座陽性腫瘍におけるこれらの修復機構の異常についても解析を進めています。

また、全国の専門施設と共同で日本臨床腫瘍研究グループ(JCOG)骨軟部腫瘍グループを組織しランダム化比較試験を実施することで、肉腫に対する新たな標準治療の確立、治療成績の向上にも取り組んでいます。さらに、臨床試験や日常診療での手術や生検で得られた腫瘍組織を用いて遺伝子発現解析やゲノム解析などを行うことで、診断や治療に役立つ新たな分子「バイオマーカー」の開発にも取り組んでいます。

プロフィール
主要業績等
専門医等
所属学会等

NEWS

2024.3.25(月)がん患者のトータルケアセミナー
「がんロコモと疼痛対策の重要性:がん診療医師に知って欲しいポイント」の講演をします。詳細
2024.3.10(日)令和5年度AMED革新的がん医療実用化研究事業研究交流会
「研究領域間の連携の実際」について講演をします。
2024.2.17(土)第13回埼玉骨軟部腫瘍研究会学術講演会
「骨軟部腫瘍に対する治療開発:多施設共同研究グループの取り組みと将来展望」の講演をしました。詳細
2024.1.27(土)第38回札幌冬季がんセミナー いまがんを考える2024~領域横断的な次世代のがん研究・がん診療~
「軟部肉腫に対する周術期治療」の講演をしました。詳細
2023.12.1(土)第2回がん・生殖医療フォーラム大分
パネルディスカッション「がん生殖医療の課題と展望」に登壇しました。詳細
2023.10.29(日)高悪性度軟部肉腫へのAI療法 vs GD療法
10月29日、生命健康科学コース長 田仲和宏教授の動画が「m3.com」に掲載されました。詳細
2023.8.18(金)多様な病態の骨軟部腫瘍
7月29日、生命健康科学コース長 田仲和宏教授の記事が読売新聞に掲載されました。詳細