大分大学医学部附属病院フットケアチーム
  • はじめに
  • 近年生活習慣病患者さんの増加に伴い、その合併症としてのいわゆる「足の病気」の患者さんが増えています。

    「足の病気」は、動脈硬化により血行不良、神経の障害による足の変形・感覚障害、皮膚のバリア機能の低下など、さまざまな原因で発症します。そのため「足の病気」の予防や治療には様々な分野の医療スタッフの連携が必要になります。

    そこで、大分大学医学部附属病院では、さまざまな分野の医師および、看護師・作業療法士・医療事務などでフットケア対策チームを発足させました。

    さまざまな患者さんの足のトラブルを改善できるよう、チーム一丸となって診療にあたります。よろしくお願い申し上げます。

    フットケア対策チーム委員長 清水 史明