診療科長

  • 浅山 良樹
  • Asayama Yoshiki

診療科の紹介

放射線科は、超音波検査、CT、MRI、血管造影を用いた診断・低侵襲治療(IVR)、PET-CT・核医学検査、放射線治療を担当している診療科です。特に、当院で行われますあらゆる画像検査に関しましては、放射線科専門医が画像診断報告書を作成して主治医に報告しており、画像診断の質の担保に努めております。血管造影を用いた低侵襲治療(IVR)は、血管系・非血管系を含めて幅広い疾患を対象としており、なかでも大動脈ステントグラフト内挿術や脳動脈瘤コイル塞栓術などでは、他診療科と連携して治療を行っています。また、放射線治療では、3次元照射が可能な定位放射線治療や大分県内では当院でしか行えない前立腺がんなどに対する密封小線源治療を行っています。


高度な医療又は特徴的な医療

  1. PET-CT検査
  2. 胃静脈瘤に対する塞栓術(B-RTO)
  3. 血管奇形に対する塞栓術
  4. 大動脈ステントグラフト内挿術
  5. 前立腺がんなどに対する密封小線源治療

専門外来

  • 放射線科IVR外来
  • 放射線治療外来

外来担当医

外来担当医一覧はこちら