センター長

  • 白石 憲男
  • SHIRAISHI Norio

副センター長

  • 冨永 志津代
  • TOMINAGA Shizuyo
  • (看護部長)
  • 上田 貴威
  • UEDA Yoshitake

センターの紹介

看護師特定行為統括センターの目的は、高度医療や地域医療の現場において質の高い安全なチーム医療を実現するため、特定行為に必要な専門的な知識と技術を有した看護師を育成し、社会に輩出することです。特定行為とは医師・歯科医師の作成する手順書に従って行う診療の補助行為であり、保健師助産師看護師法に定められております。

看護師特定行為研修は、高度医療及び地域医療の現場において、医療安全に配慮しつつ、特定行為に必要な専門的な知識及び技術を発揮し、社会に貢献できる看護師を育成することを目指しています。


センターの業務

  1. 特定行為の研修計画の立案
  2. 特定行為の研修に係る関係診療科及び診療施設との調整
  3. 特定行為の研修の実施と評価
  4. 特定行為の円滑な業務に関する企画と運営
  5. 特定行為に係る関係診療科及び診療施設との調整